誰でもできる!普通の人が「1000万円」貯めるコツ

8

2024年02月23日 19:31  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

多くの人が目標とする貯金額として1000万円をあげるのですが、簡単にはクリアできないと感じる人も多いでしょう。でも、大丈夫。誰だってその気になれば1000万円貯めることができるのです。
多くの人が目標とする貯金額として1000万円をあげるのですが、簡単にはクリアできないと感じる人も多いでしょう。でも、大丈夫。誰だってその気になれば1000万円貯めることができるのです。どのようにすればよいのか、そのコツは何なのでしょうか?

目標を決めて、毎月の目標額を明確にする

まずはいつまでに1000万円を貯めるのか、明確にするようにしてください。

たとえば、10年で1000万円を貯めたい場合には、1年間で100万円貯めなければなりません。ひと月あたり8万3000円貯めることができれば、1000万円はクリアできる計算です。

ひと月で8万3000円は簡単に捻出できる金額ではありませんが、ボーナスが支給される会社に勤めているのなら、その中から貯蓄に回せば毎月の負担額を抑えることができますよね?

とはいえ「1000万円は大金」です。10年ではちょっと無理という人も多いのではないでしょうか。いくら目標と言っても、無理をしてはかえって貯まりにくい状況が生じてしまう可能性があります。まずは自分が捻出できる金額を割り出し、積立額を決めてみてはいかがでしょうか?

たとえば10年を20年に変更したなら、ひと月4万1500円でOK。10年を30年に変更しはたら、ひと月2万8000円です。また、ボーナスを併用して貯蓄していけば、1000万円はそんなに遠くない目標額になるのではないでしょうか?

どうして貯蓄が必要なのかを決めてから貯める

積立期間10年で1000万円は、新入社員や1人暮らしの人なら、気が遠くなるような気持ちになるかもしれません。

とはいえ、結婚して世帯収入から考えていくと、年間100万円は難しくはないと感じられるのではないでしょうか?

もちろん、結婚の予定がある人もない人も、まずは1人で貯める場合の貯蓄額を割り出してみてください。

家族構成の変化は、さらなる消費に結びつくことは多いのですが、貯める機会が生まれるということでもあります。ライフスタイルの変化や家族構成の変化のタイミングで、毎月の貯蓄額の見直しをしていけば、計画よりも早く目標の1000万円を達成することも可能です。

また、マイホームを購入して住宅ローンを組んだ場合なども、貯蓄に回せる金額が減ってしまう可能性は高くなります。自分のライフイベントや節目ごとに積立額を見直しし、無理なく貯められる金額を算出していきましょう。

目標が決まったら、一刻も早く達成したいと貯蓄に励んでしまう人もいます。ただ、ここで問題になるのは自分や家族の気持ちです。

自分と家族との温度差ができてしまうと、貯蓄生活を理解してもらえないケースは多く見受けられます。夫婦ならマイホーム資金のため、老後資金のため。子どもの教育費なら、子どもと夢について話しながら、どうして貯蓄が必要なのかを説明することが必要です。何のために貯蓄に励むのか、話し合ってからスタートすることが大切です。

貯蓄を続けていくには、定期的にご褒美をあげるのもよいですね。○○円貯まったらレストランで食事をする、△△円貯まったら温泉にいくなど、あらかじめお楽しみを盛り込んでおけば、継続するモチベーションもアップしますよ。

まとめ

貯蓄は習慣のひとつです。今までのライフスタイルを急激に変えてしまうと、自分自身のやる気やモチベーションが継続できないこともあります。くれぐれも無理な目標は立てないようにしましょう。

貯蓄を継続させるためには、アメとムチは必要です。○○円貯まったらレストランで食事をする、△△円貯まったら温泉にいくなど、あらかじめお楽しみを盛り込んでおけば、継続するモチベーションもアップしますよ。目標に向かって頑張っている自分や家族へのご褒美も、忘れずに準備してくださいね。

文:飯田 道子(ファイナンシャルプランナー)

金融機関勤務を経てFP(CFP、1級FP技能士)を取得。独立系FPとして、各種相談業務やセミナー講師、執筆活動などを行っている。金運アップやポジティブお金など、カラーセラピーと数秘術を取り入れたアドバイスも得意。
(文:飯田 道子(ファイナンシャルプランナー))

このニュースに関するつぶやき

  • 1日10000円貯金したら3年で貯まるよ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

前日のランキングへ

ニュース設定