予想価格は760万円以上 48気筒のエンジンを搭載した魔改造バイク「ティンカートイ」が海外オークションに登場

15

2024年02月23日 20:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

48気筒の2ストロークエンジンを搭載したカスタムバイク!

 ギネス記録にも認定されている48気筒の2ストエンジンを搭載した魔改造バイクが、オークション「Bonhams」に出品されることが決まり、海外で大きな注目を集めています。


【画像】48気筒の魔改造バイク「ティンカートイ」


 注目されているのは、「ティンカートイ」と名付けられたバイク。カワサキ「KH250」をベースに、3気筒2ストエンジンを16基も連結して搭載したというモンスターバイクで、過去にはギネス・ワールド・レコーズによって「最もシリンダー数の多いエンジンを積んだバイク」として認定されています。


 エンジンが動き出すと、きっと想像を絶する爆音を響かせることでしょう。


 ティンカートイは、コアなバイク好きには知られている有名バイク。世界で1台しかない希少性もあって、どのような結果になるのか予想が難しいですね……。


 気になるオークションは2024年4月21日に実施される予定。落札予想価格は760万円から1100万円となっています。


このニュースに関するつぶやき

  • 2stの集合管(チャンバー)はSRSスガヤの集合チャンバー(KH250、400、GT380共用)以来久しぶりに見た。(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定