超巨大マスキングテープが玄関に!? Xユーザーの「好きだから作っちゃうモノ」が凄すぎると話題に

1

2024年02月24日 08:10  Jタウンネット

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

超巨大マスキングテープが玄関に!? Xユーザーの「好きだから作っちゃうモノ」が凄すぎると話題に
「#好きだから作っちゃうんです」

そんなハッシュタグとともにX(ツイッター)に投稿された写真が、ユーザーを驚愕させている。

でっっっっっっっっっか...(画像提供:ひろっぺ(@hiroppe_Mini)さん、以下同)
でっっっっっっっっっか...(画像提供:ひろっぺ(@hiroppe_Mini)さん、以下同)

いや、デカすぎ!

玄関に鎮座しているのは、直径がドアの3分の1ほどもありそうな巨大マスキングテープ。これを「好きだから作っちゃう」って、どれだけ好きなんだよ。

――と、思った人もいるかもしれない。

こちらは、関東在住のXユーザー・ひろっぺ(@hiroppe_Mini)さんが2024年2月19日に投稿した写真。リプライ欄には、こんな感想が寄せられている。

「でっかいマステがある部屋なのかと勘違いした」
「最初タグだけ読んででっかいマステ作ったのかと思った!!」
「コメント見るまで、何でこんなデカいマステと暮らしてるんだと思ってた...」

いったい、どういうことか?

衝撃の事実が判明

実はこれ、巨大マスキングテープではない。普通サイズだという。つまり、テープが大きいのではなく、玄関が小さいのだ!

投稿者・ひろっぺさんが"好きだから作っちゃった"のは、12分の1スケールのミニチュアの玄関なのである。

作られたのは玄関の方だった(画像は再掲)
作られたのは玄関の方だった(画像は再掲)

ひろっぺさんのアカウントの自己紹介欄には、こんな文章が書かれている。

「現実にある、またはありそうな空間を作る」を軸にして1/12スケールミニチュアを独学で製作しています!

20日、Jタウンネット記者の取材に応じた本人によると、22年8月に自分の部屋のミニチュアを作って以来、色んな小さな部屋を作ってきた。リビングやバスルームなどを部屋ごとに作り、分割が可能な「ミニチュアマンションシリーズ」や、1室のみで見せるための単体の作品があるという。マステが置いてあった玄関は23年7月頃、単体作品として制作した。

やっぱり、巨大マステにしか見えない...(ミニチュアマンションシリーズのリビング)
やっぱり、巨大マステにしか見えない...(ミニチュアマンションシリーズのリビング)

作品のほとんどが着色したプラ板やプラ棒で出来ていて、照明類にはLEDのテープライトや投光器、チップLEDを使用。現実に存在している、あるいは、現実にありそうな空間を作ることを意識しているとのこと。

「その上で完成品では特に照明器具と撮影にはこだわっていて、現実と同じような構造の照明の位置や光量にできるだけ近づけて製作しています」(ひろっぺさん)
現実の洗面所だろ...(ミニチュアマンションシリーズの元になった作品)
現実の洗面所だろ...(ミニチュアマンションシリーズの元になった作品)
昼間に見るお風呂だなあ(ミニチュアマンションシリーズのバスルーム)
昼間に見るお風呂だなあ(ミニチュアマンションシリーズのバスルーム)

自宅の写真を撮っているよう にしか見えないひろっぺさんの作品群は、X上で2万8000件を超えるいいね(22日昼時点)が寄せられるなど話題に。反響を受け、ひろっぺさんは

「『でかいマスキングテープを置いている』や『本物の家だと思いました』というコメントを多くいただきまして自分でも作ってよかったなあと思うのと同時に、自信に繋がってくるので大変嬉しく思います。
今後も自分が見たいと思った空間を作って、より多くの皆様に見ていただけるように作品をどんどん作っていきたいと思います!」

とコメントしている。

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定