【付録】キャプテンスタッグの「スマホショルダー」を使ってみたら1290円でも“隠しマチ”付きで収納力が優秀なアイテムだった ペットボトルも入る

0

2024年02月24日 09:30  Fav-Log by ITmedia

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fav-Log by ITmedia

宝島社「MonoMax 2024年2月号増刊」付録

 付録付き雑誌・ムックが人気の「宝島社」。同社は、ブランドやキャラクターとコラボレーションした「スマホショルダー」の付録アイテムも多く展開しており、登場するたびに注目を集めています。

【その他の画像】

 ここでは、宝島社のモノ・トレンド雑誌「MonoMax」2月号増刊の付録「キャプテンタッグお財布機能付きスマホショルダーバッグ」をレビューします。このMonoMaxの2月号増刊は最新号ではありませんが、現在(2月22日時点)宝島社の公式通販サイト「宝島チャンネル」でまだ入手可能です。販売価格は1290円(税込、以下同)です。

 アウトドアブランドらしさとシンプルさが同居するデザインで、収納スペースに工夫が施された機能的なアイテムです。

●スマホショルダーを開封! シンプルながら個性的でアウトドア感がある

 「MonoMax」2月号増刊の付録を開封します。

 シンプルなデザインのスマホショルダーです。ブラックのカラーリングに、ホワイトのブランドロゴ。ストラップはロープのようになっていて個性的。シンプルな見た目の中にもアウトドア感のある、クールなデザインです。

 ポリエステル素材のブラックカラーの生地は、汚れが目立ちにくそうです。ストラップは自分の身長に合わせて調節できます。

●スマホショルダーなのにいっぱい入る! “隠しマチ”付きの3層構造

 このスマホショルダーは、収納スペースが充実しています。まず、開口部を開くと、内部が3層構造になっています。

 背面側には、広めのスマホポケット。中央には面ファスナー付きのポケットがあります。中央のポケットは他と比べて底が浅いので、自宅や自転車の鍵、切符といった細かいものを仕分けて入れると良さそうです。大事なものの紛失を防ぎながら、必要なときにさっと取り出せるので便利ですね。

 そして、前面側のスペース(メインスペース)は特徴的で、マチを広げることができます。マチ幅を測ってみると約6cm〜7cmもありました。公式サイトによると500mlのペットボトルも入るとのこと。手持ちのペットボトル(430ml)を入れてみると、確かにすっぽり入りました。メインスペースには、はっ水加工が施されています。

●前後2つのポケットも便利! 財布機能付き

 スマホショルダーの前面には、面ファスナー付きのフラップポケットが備わっています。ふたが付いているので、貴重品をしまうのにも安心。イヤフォンや小銭入れ、リップクリームやお菓子など、小物がたくさん入ります。暑い時期には、手持ち扇風機の収納に重宝しそうです。

 また、背面には、横向きに開くファスナーが付いており、開いてみるとカード入れが2つ付いています。カード入れの手前にはお札を収納できるスペースがあるので、この背面ポケットを財布として使えます。

●旅行やアウトドアに コスパも良し

 「キャプテンタッグお財布機能付きスマホショルダーバッグ」は、使いやすいシンプルなデザインに、収納スペースが充実した大容量なスマホショルダーでした。この機能性を備えたアウトドアブランドのスマホショルダーが1000円台前半で手に入るのはコスパが良いと言えるでしょう。

 「スマホショルダーだけで身軽に外出したいけど、財布や飲み物くらいの荷物は持ち歩きたい」「幅広いファッションに対応できる/男性が使いやすいシンプルなデザインのスマホショルダーが欲しい」という人にぴったりのアイテムです。

 日常使いはもちろん、旅行やアウトドアなど、身軽に荷物を持ち運びたいシーンにおすすめです。

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定