看板猫のホスピタリティに絶賛 桐屋旅館の「かかと温め係」にほっこり

6

2024年02月24日 10:41  おたくま経済新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

看板猫のホスピタリティに絶賛 桐屋旅館の「かかと温め係」にほっこり

 長野県野沢温泉村にある宿泊施設「桐屋旅館」で暮らす看板猫の「きなこ」ちゃん。過去には来客用のスリッパを温める役割等を担っていましたが、この度新しい仕事を与えられたもよう。


 それは、お客さんのかかとにのり、直接温めるというお仕事。通称「かかと温め係」。Xに投稿された写真には、熱心に業務に励む様子が写っています。素晴らしいホスピタリティ。


【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】


 実は写真を撮影したこの日が、きなこちゃんの「かかと温め係」としての初仕事。常連のお客さんとフロントで話をしていたところ、膝立ちの姿勢だったお客さんの太ももの間に、きなこちゃんがすっぽりと入り込んだのだそう。


 そのままお客さんの股をくぐり抜けて、かかとにちょこんと前足をのせたきなこちゃん。これを見ていた主人が、「きなこの新しい仕事だ!」と嬉々として写真におさめたという流れです。そんな偶然にも近い瞬間に立ち会えるとは何ともラッキー。


 旅館には10匹の看板猫たちがいますが、この仕事ができるのはもちろんきなこちゃんのみ。普段から浴衣の裾の中など、暖かい場所が好きだというきなこちゃんだからこそ、自ずと足が向いたのでしょう。


 なお、かかとを温められたお客さんは、「うれしいけど体勢がきつい〜」と長時間の中腰に耐えられなかったようで、それを察してか、きなこちゃんもすぐに別の場所に移動していったとのこと。相手の様子をうかがいながらの接客は、さすがの一言です。


 なんともうらやましいサービスに、寄せられた「いいね」の数は2万件を超え、「辛くてもサービスされたいです」「かかとまで温めるなんてプロ意識がハンパない」と絶賛の声が続々。多くの方が羨んだようです。



<記事化協力>
桐屋旅館(Twitter:@kiriya_ryokan/Instagram:@kiriyaryokan)
長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷8714-2


(山口弘剛)

Publisher By おたくま経済新聞 | Edited By 山口 弘剛‌ | 配信元URL:https://otakei.otakuma.net/archives/2024022401.html

このニュースに関するつぶやき

  • にゃ (⁠=⁠^⁠・⁠ェ⁠・⁠^⁠=⁠)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定