<ありがた迷惑>義母が手料理を持って家に来るのが苦痛!やんわりと断る方法ってある?

6

2024年02月25日 09:30  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

ママスタ

義実家と近居をしていたり義両親と同居していたりするママたちは、義母との関係性に悩むこともしばしば。特に近居のママたちは義母からのアポなし訪問や頻繁な連絡に「もうやめてほしい」と頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。そんななかママスタコミュニティに寄せられたのは「義母からの手料理って断れないよね?」というタイトルのこんな投稿。投稿者さんは義母からたびたび手料理についての連絡がくるそうです。
『義母から「手料理を作ったので今から持っていきます」の連絡が週2〜3回。外出先だと帰宅時間に合わせて訪問。義母の予定が合わないと玄関にそのまま置かれている。「もう用意してある」と言うと「明日食べなさい」と言われる。手間もかかるだろうしありがたいことだとわかっているんだけど、ちょっと頻度が多いし、性格も合わないから顔を合わすのが憂鬱。 嬉しいと思いますか? 苦手だと思う方はどう対処しますか?』
投稿者さんは義母の手料理を自分が苦手なもの以外は食べているそう。実際には手料理そのものよりも、義母が週3も家にきて対応をしないといけないことにストレスを感じている様子でした。「手料理を持っていくという口実だと、断りづらくて困っています」と悩む投稿者さんにママたちからはどのようなコメントが寄せられたのでしょうか。

旦那に食べさせる、旦那に受け取りに行かせる……


『とりあえずもらう。義母とも旦那とも拗れることないから。自分の口に合わなかったら食べなければいい。対応が面倒くさかったら体調が悪いふりをして玄関前に置いて行ってもらう』
『旦那に食べさせるよ。余ってそろそろやばくなってきたら判断を委ねる。捨てるか旦那が食べるか、旦那に従うよ。物によっては自分も食べるけど』
『私なら受け取って旦那へ。そんなに会いたくないなら旦那に「お前の上司が週に2〜3回訪問してきたらどう思うか」と聞いてみる』
想像するだけでも投稿者さんの苦痛に共感してしまうという人も多かった今回の投稿。そもそも訪問を断りたい気持ちはあるものの、対処方法として「とりあえず受け取る」としていたママたちがいました。理由を掘り下げてみると「受け取ったほうが義母とも旦那ともトラブルにならない」「受け取って旦那に食べさせる」というコメントがありました。投稿者さんだけで義母の手料理を食べて対処しようとすると、旦那さんは頻度の多さや投稿者さんの迷惑がっている気持ちを汲み取れない可能性は大。旦那さんに食べてもらうことで「もう食べきれないから受け取るのはやめよう」と夫婦で結論づけることができたり、投稿者さんの大変さを伝えたりすることができるかもしれませんね。
『旦那が取りに行くに変更。「毎回旦那が取りに行きまーす」でいいと思う』
『「食べた? 美味しかった?」と聞かれたので旦那が「食べていない。いらない」と答えたら「家まで取りに行くから」と言って取りにきた。それ以来持ってこなくなったよ。無駄なことをしてると気づいたみたい。本人が気づかないといつまでも続くよ』
投稿文を読む限り、義母は手料理を口実に投稿者さんの家にきたがっている様子もうかがえます。そこで義母の手料理そのものを投稿者さんではなく、旦那さん経由で受け取る方法に変えるというアイデアも寄せられていました。義母に持ってきてもらうのではなく、手料理を持って行く連絡がきた際には旦那さんが受け取りに行くと伝えることで義母の訪問を回避できるかもしれませんね。

「いらない」とキッパリと断らないと迷惑がっていることに気がつかないかも

『世話好きは強く拒絶しないと気がつかない。強く拒絶されると「あなたのために」「よかれと思って」などと言ってキレる』
『いらないから断る。要らないもので恩を売られても困る』
『いらない物は「いらない」と言うよ。「あれいらない」「これいらない」と言い続けた結果、今はフルーツ、刺身、蟹くらいしか持ってこなくなった』
義母の手料理を食べることはあるものの、「そんなに頻繁に持ってこられても困る」と思っている投稿者さん。しかしその気持ちを正直には言えずに、毎回受け取ってはお礼を言っているそうです。ママたちからは「ハッキリ言わないと義母もわからない」「むしろ喜んでいると思っているのでは?」という声もありました。手料理を持ってくると連絡がきた際に、その場で「いらないです」と勇気を出して伝えないと義母はいつまで経っても投稿者さんが困っていることに気づかないでしょう。投稿者さんと同じように義母から料理やプレゼントをもらって困っていたママは、いらない物に対しては「いらない」と伝え続けたことで、もう持ってこなくなったそうです。また「お金や介護が必要になったときに、あれだけやってあげたのにと思われても困るよ」というアドバイスもありました。
『「ありがとう」とか「助かります」と言わない。全返答「お気遣いなく」「お構いなく」にする。本当にただのおせっかいで悪い人じゃないなら、いくらやっても喜ばれないし距離も縮まらないし、ボディーブローのように地味に効いて何もできなくなる』
『「いい関係を続けていきたいので、ちゃんと腹を割って本音で話をしたいです。お料理を頻繁に届けてくださってありがたいのですが、今は見守るだけでそっとしておいていただけないでしょうか」と言う』
義母に対して断るにしても、言い方に気をつけたいところ。角が立たないような言い方で上手に手料理と訪問を断りたいですよね。実際に投稿者さんは義母が手料理を持ってきた後は、毎回その容器を洗ってお菓子などをお土産に用意し、次の訪問の際にお礼を言って渡しているとも綴っていました。これに対して「ありがとうなんて言ったら、義母もますます張り切って持ってくるよ」という意見が。アポなし訪問などで持ってこられた際にはお礼を伝えるのではなく、「玄関に置いてもらっても食材の痛みなどが心配なので、受け取れない場合は持ってきていただかなくて結構です」とやんわりと断ってみるのも手。「直接受け取れなければ持ってこないでほしい」という段階からスタートして訪問の頻度を減らしていき、最終的には持ってこなくなる方向に……。さらには義母の気遣いに感謝しつつ、正直に自分の気持ちを伝えるというアドバイスも。今後も義母といい関係性を保っていたいのであれば嘘などをつかずに素直に気持ちを伝え、相談するような形でお願いしてみるのもいいかもしれません。

高級食材や手間のかかるメニューをリクエストしてみると自然と頻度が減るかも!


『お高い食材の手間ひまかかるメニューをお願いする。そのうち向こうもめんどくさくなってくれたらありがたい』
『うちの義母は手料理が苦手で市販品攻撃、週5だった。めちゃくちゃありがた迷惑だったし向こうも遠慮なくズカズカやってくるから、こっちも「買ってきてくれるならこれのほうが孫も息子もめちゃくちゃ喜びますよ、義母さん知ってます?」と言って買ってもらっていた。「めっちゃ喜んでましたよ! 次はこれがいいって言っていました!」っていうのを繰り返してたら、金銭面がキツくなって訪問頻度が週2〜3回に減ったよ。それでも多いけどね』
この他にも「材料費が高かったり作るのが大変だったりするメニューをリクエストする」というコメントもありました。お金や時間がかかる手料理であれば、週に何度も作って持ってくるのは大変です。旦那さんや子どもが食べたがっているという体裁にして、高級食材や豪華料理をリクエストするのもいいかもしれませんね。続けていくことで義母にとっても負担になり、自然と訪問頻度が減っていくのではないでしょうか。「上手く義母を使ったらいい」というアドバイスもあり、義母が張り切ってくれる間はあれこれとリクエストしてみるのも一つの手かもしれません。実際にこの作戦で義母の訪問頻度が減ったママもいて、投稿者さんのように面と向かって断るのが苦手であればやりやすい方法ではないでしょうか。旦那さん経由で義母に手料理を断ってもらう、ハッキリといらないことを伝える、高い食材や手間のかかるメニューをリクエストするなど、さまざまなアドバイスが寄せられた今回の投稿。投稿者さんも自分のやりやすい対処法で義母の訪問を乗り越えてほしいですね。

文・AKI 編集・kunel イラスト・猫田カヨ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • まぁ、我が子の嫁に自分もそういう扱いされるのは恨むなよ?人の気持ちを踏みにじって偉そうに語るんだからな…因果応報って日本語知ってる?
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定