『王様戦隊キングオージャー』大団円の最終話 当然の世界トレンド1位獲得 「ラクレス様」や「ラクスズ」も

11

2024年02月25日 11:25  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『王様戦隊キングオージャー』最終話より (C)テレビ朝日・東映AG・東映
 スーパー戦隊シリーズ最新作『王様戦隊キングオージャー』(毎週日曜 前9:30、テレビ朝日系)の最終話「俺様たちが世界を支配する」が、25日に放送された。

【写真】バトンタッチした『キングオージャー』“ギラ”酒井大成と『ブンブンジャー』“大也”井内悠陽

 駆けつけた民たちの想いを受け止めたギラ(酒井大成)たち王様は、ついに宇蟲王ダグデドと最終決戦を迎えることに。宇蟲五道化最後の1人・カメジムもいなくなった今、王様戦隊に「勝利」という希望が見えてきた。しかし、ダグデドを倒す鍵「超絶怒涛究極完全体キングオージャー」を降臨させるためには、「永遠の命」の代用品が絶対に必要だ。そのため、民たちは「永遠の命」の代用品開発を急ぐが、なんとダグデドがチキューの大きさを超えるほど巨大化してしまった!

 超巨大ダグデドが今すぐにでもチキューをつぶしそうな絶体絶命の中で、王様たちは「永遠の命」に代わるものの存在に気付いた。それは「無限に連なる小さき命」、つまり民たちの命だった。王様たちを信じて「我ら民、王に命を預けよう!」と民たちが叫ぶと、全員の胸元が輝き、その光は次々とつながって集まり、王様たちの剣と、他の5つの「王の証」と呼応した。こうして王様戦隊が降臨させたゴッドキングオージャーは巨大化していき、超絶怒涛究極完全体キングオージャーとなった。

 超絶怒涛究極完全体キングオージャーVS超巨大ダグデド!宇宙空間で、シュゴッドたちは限界を超えて最後まで戦うことを選び、その意志を王様たちは受け止めた。やがて、シュゴッドたちが爆発して消えていく中で、王様たちはダグデドにトドメを刺し、ようやく勝利することに。そして、「シュゴッドたちとはまた会える」と信じて、ギラは仲間たちのもとへ向かっていった…。

 再び平和を取り戻したその後のチキューは、本当の意味で一つになろうとしていた。6王国を1つにする大革命は、王様たちのケンカでご破算になったものの、国境や種族の垣根を越えて、これからも「違う者同士」みんな共に生きていくことだろう。

 『王様戦隊キングオージャー』の物語はこれでおしまい。たとえチキューに新たな危機が迫っていても、王様戦隊はこれからも人々を守り抜く。相変わらず我が強い王様たちは、いざという時にしか団結しないが、手を組んだら無敵。そんな王様たちの物語は、人々の間で永遠に語り継がれていく。

 大団円となった最終話。X(旧ツイッター)では、これまで何度も世界トレンド1位を獲得してきた作品らしく「キングオージャー」が世界トレンド1位に。そのほか「ラクレス様」「カメジム」「ダグデド」「ラクスズ」などが日本トレンドの上位に入っていた。

このニュースに関するつぶやき

  • 最初から見たい!
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定