冬が旬のりんご、冷蔵庫で3ヵ月保存が可能? 野菜ソムリエプロが解説「同時保存でじゃがいもの芽が出にくくなる」

37

2024年02月26日 07:40  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

りんごは冷蔵庫で3ヵ月保存が可能
 種類も豊富なりんごは、技術革新により、いまでは1年中売られていますが、本来収穫できるのは秋〜冬で、この時期に旬を迎えます。栄養価が高く、加工もしやすいので、デザートとしてだけでなく、離乳食から病院食まで、幅広く利用されています。りんごは長期保存が可能ですが、他の野菜やフルーツを追熟させる作用があると言われています。保存方法や追熟の理由など、野菜ソムリエプロで管理栄養士の小島香住さんに聞きました。

【画像で解説】ヘタの状態でもわかる…美味しいりんごを見分ける3つのポイントを管理栄養士が紹介

◆冬が旬のりんごは“眠らせる”ことで長期保存を…家庭でも3ヵ月保存が可能

――りんごは1年中売られていますが、本来収穫できるのは秋〜冬の間だけです。りんごは長期保存が可能とのことですが、小島さんのInstagramでは「長期貯蔵=りんごを眠らせる」ことについて言及されていました。これはどういったことなのでしょうか?

【小島香住さん】 りんごは、収穫後も呼吸をしています。その呼吸によって(酸素を使い)エネルギーを消費します。酸素などの空気中の成分、温度や湿度などを調整し、りんごの呼吸を抑えることで、長期間の貯蔵を可能にしています。

――家庭での「りんご」の長期保存方法について教えてください。

【小島香住さん】 上記の長期貯蔵は専用の施設で行いますが、家庭ではコントロールが難しいため、なるべくりんごに負担にならないように保存する工夫が必要です。りんごをキッチンペーパーで包んで袋に入れ、冷蔵庫のチルドルームで保存します。キッチンペーパーはクッション性と保湿効果があり、袋に入れることで空気に触れないようにし、温度の低いチルドルームで低温を保ちます。3週間から3ヵ月保存が可能ですが、品種によって差があるので、目安としてください。

――小島さんのInstagramでは、「新じゃがの上手な保存方法」を紹介しています。じゃがいもを入れたダンボールにりんごを一緒に入れると長期保存が可能とのことですが、その理由と保存方法を教えてください。

【小島香住さん】 りんごが産生するエチレンガスには、じゃがいもの発芽を抑える作用があります。段ボールなどに、じゃがいもと一緒にりんごを入れ、光が入らないように新聞紙などで覆って保存すると、芽を出さずに保存することができます。風通しの良い場所に保管し、りんごは定期的に交換するようにしてください。

◆りんごと一緒にじゃがいもを保存すると芽が出にくい…バナナやアボカドは逆に追熟が進む

――新じゃがのように、りんごを活用した保存方法は他にもあるのでしょうか?

【小島香住さん】 りんごが産生するエチレンガスは、植物の成長ホルモンの一種のため、青いバナナや、硬いキウイフルーツやアボカドなどを、りんごと一緒の袋に入れて保存すると、そのまま保存している場合より追熟が進みます。

――りんごにまつわる豆知識を教えてください。

【小島香住さん】 りんごの蜜は、実は果肉と甘さに違いがありません。りんごは、葉から運ばれてきた養分を糖に変換して熟していきますが、完熟すると、これ以上糖に変換することができず、水分として溜まっていきます。これが蜜となっています。そのため、蜜そのものが甘いというわけではありません。よく熟しておいしいりんごのサインになります。

小島香住(こじま かすみ)さん
野菜ソムリエプロ/管理栄養士

食品メーカーで営業・商品企画開発・メニュー開発などに従事したのち独立。管理栄養士の知識と育児経験を活かし、企業のレシピ開発やコンテンツ制作、野菜・果物の解説や時短&簡単レシピなどのコラム執筆、セミナー講師としても活動する。

このニュースに関するつぶやき

  • 昔は船の甲板に林檎の入った樽が置いてあって壊血病予防のためいつでも食べてよかったと聞く。航海って何か月も続く事もあったのでは。林檎ってそれに耐えるものと思ってた。
    • イイネ!5
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(15件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定