着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に

2

2024年02月26日 09:33  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

一体何が出来上がるのかな?

 着古したセーターを別のアイテムにリメークする動画がYouTubeに投稿され、記事執筆時点で44万回の再生数を突破。「新しい息吹」「ステキです」と反響が寄せられています。


【画像】完成したリメーク品


●着古したセーター、何かに使える?


 投稿者は、ハギレや古着を使ったリメーク動画を発信しているMiharaさん。今回は、着古したセーターを“あるもの”にリメークする様子を紹介しています。まずはセーターの袖口などをハサミで切ってから、カッターで21センチ幅の正方形にカット。投稿者さんはこれを35枚用意しましたが、枚数は自由に調整して良いそうです。


●セーターを縫い合わせていく


 それから2枚の生地を中表に合わせて、端をジグザグ縫い。今回は裁ち目かがりを使い、生地端のほつれを防ぎます。さらに、これを同じ方法で横に7枚縫い合わせいくとのこと。ちなみにミシンを使う際、セーターは伸びるので縫いにくいですが……。押さえ圧を弱くする、ニット用糸と針を使う、スムース押さえを使う。この3点をおさえれば比較的縫いやすくなるのだとか! 同じものを5列分作り、それらを中表に合わせます。再び裁ち目がかりで縫っていき、Miharaさんは35枚を全て縫い合わせました。次は大きな布を用意。チェック柄の布は定規いらずなのでおすすめだそうです。


 そしてチェック柄布のまわりをそれぞれ5センチ程度あけ、先ほど縫い合わせた布を重ねます(外表)。まわりをぐるっと包んだあと、ズレないようにあらかじめしつけ縫い。最後のミシンはダダダッと直線縫いをして、あたたかみのあるブランケットが完成しました! カラフルな色合いもかわいくて、お家時間が楽しくなりそうですね。


●生まれ変わったセーターに反響


 コメント欄には、「オリジナルのカラフルブランケット可愛いですし、軽くて温かいのは良いですね」「ここ数年、やりたいなぁと思っていることをされていてとてもワクワクしながら拝見させていただきました」「大好きだったセーターがまた身近にあるって、幸せ」という反響が寄せられています。


 Miharaさんのリメーク術をもっと見てみたい人は、YouTubeチャンネル「Miharaのリメイク。ハギレや古着で作る小物たち」や、Instagram(@mihara_life)に遊びにいってみると良さそうです。


画像提供:YouTubeチャンネル「Miharaのリメイク。ハギレや古着で作る小物たち」


このニュースに関するつぶやき

  • 反☆響反☆響うっせぇわ!!記事内で3回もHUNG☆KYOU入れんな!!
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定