シェークスピアが400年前に植民地主義批判 ミラノ公の復しゅうと再生を描いたロマンス劇で

0

2024年02月26日 14:10  OVO [オーヴォ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

OVO [オーヴォ]

シェークスピアが400年前に植民地主義批判 ミラノ公の復しゅうと再生を描いたロマンス劇で

 1600年代の作品ですでに植民地主義を批判したシェークスピア。傑作ロマンス劇『新訳 テンペスト』(河合祥一郎訳、KADOKAWA、税込み968円)が発売された。人間社会の理不尽さを批判するシェークスピアの視座、“解像度”の高さに驚く作品の一つだ。


 シェークスピアの最初の一巻本全集の筆頭に掲載された劇であり、単独で書いた最後の作品でもある。弟に裏切られたミラノ公爵の復しゅうと再生、そして植民地支配を描くロマンス劇だ。


 歴史を概観すると、イングランドによる米大陸初の植民地建設が1607年、テンペストはその4年後に書かれている。当時から植民地主義を批判するエピソードをテーマに組みこんでいたわけで、その“先進性”と世界を見る目の鋭さも感じられる作品だ。訳者による徹底した注釈と、シェークスピアが参考にしたであろう作品や関連作も掲載されている。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定