『NARUTO -ナルト-』がハリウッド実写映画化!『シャン・チー』監督がメガホン

230

2024年02月26日 15:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

デスティン・ダニエル・クレットン (C)Zeta Image
 大人気コミック『NARUTO -ナルト-』がハリウッドで実写映画化され、マーベル映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のデスティン・ダニエル・クレットンが、監督&脚本を務めることがわかった。現地時間2月23日に製作会社ライオンズゲートが発表した。

【写真】ライブ・スペクタクル『NARUTO‐ナルト‐』〜忍の生きる道〜 ナルト、サスケ、サクラたちのクールなキャラクタービジュアル

 『NARUTO -ナルト-』は、忍者の里のトップ“火影”を目指す少年・うずまきナルトの成長を描いた岸本斉史による日本の漫画作品。週刊少年ジャンプで1999年から2014年まで連載され、世界60以上の国と地域で出版され、2億5000万冊以上を売り上げた。ライオンズゲートでは以前から本作の実写映画化が企画されており、2015年には『グレイテスト・ショーマン』のマイケル・グレイシーが監督に指名されていた。

 Varietyによると、クレットン監督は発表に際し「東京で岸本さんにお会いし、彼が創造した世界の広大なビジョンについて話を聞けたのは、本当に光栄なことでした」とコメント。「我々は、協力して『NARUTO-ナルト-』をビッグスクリーンにお届けることにワクワクしています」と述べた。

 一方岸本は、「デスティン監督起用の話を聞いたとき、ちょうど彼の大作アクション映画を観た後でしたので、『NARUTO-ナルト-』にピッタリの監督になるだろうと思いました。また彼の他作品を観賞し、実直なヒューマンドラマを強みとする監督だと知り、『NARUTO-ナルト-』の監督には彼以外にいないと確信するようになりました。実際監督に会い、私の意見を取り入れるオープンマインドな監督だとわかり、協力し合って制作に取り組んでいけると強く思いました。つまり実写映画『NARUTO-ナルト-』は壮大なアクションと深いドラマになるに違いありません。今から映画が楽しみで仕方ありません」とした。

 クレットン監督は、マーベル映画『シャン・チー』を手掛けたほか、ライオンズゲートでブリー・ラーソンとウディ・ハレルソン出演の『ガラスの城の約束』でもメガホンを取っている。また、ディズニープラス配信のドラマシリーズ『アメリカン・ボーン・チャイニーズ 僕らの西遊記』の製作を手がけており、『シャン・チー』の続編も決まっている。

このニュースに関するつぶやき

  • もう(/´△`\)ヤメテー!!作品を壊さないでぇぇぇぇ(´;ェ;`)ウゥ・・・
    • イイネ!72
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(177件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定