<叱らない義姉>イイ関係だったけど……食事会での義姉の振る舞い「エ〜、ガッカリ!」【前編まんが】

0

2024年02月27日 07:50  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

ママスタ
私の名前はカンナ、26歳です。現在、都心で同い年の夫・シンゴと3歳になる長男のヒナタと3人暮らしをしています。シンゴには3歳年上の姉・スミレさんがいます。たまに会う程度なのですが、出産前から一緒に買い物に行くなど良い関係を築いていました。出産後も、1年早く子ども・ソウタ君(4歳)を授かったすみれさんに先輩ママとして相談に乗ってもらったり、仲良くしていたのですが、最近どうも子育てに対する価値観が合わなくなってきていて……。

1_1_2 (2)1_1_3 (2)テーブルで遊び始めたソウタくんを特に叱ることもなくスルーしたスミレさん。それなりにうるさいし、周りのお客さんの迷惑にもなっているように見えるのですが、スミレさんは気にならないのでしょうか。その様子に私が驚いていると、ソウタくんの真似をしてヒナタもスプーンで机を叩きはじめます。急いで私はそのスプーンを取り上げます。

1_2_1 (2)まだ小さいから言っても無駄と言う人もいますが、私は子どもには小さい頃からマナーを教えたいと考えています。今すぐにわからなくても伝えていれば、そのうちわかるようになる。そう思っているのです。そこでヒナタには「ダメだよ」と言って聞かせたのです。

【修正版】1_2_21_3_1 (2)
私はしつけに厳しい家庭で育ちました。食事中のマナーはもちろんのこと、公共の場での振る舞いなどについても厳しく教えられてきました。だからどうしても義姉の行動が納得できなかったのです。義姉はバリバリに仕事をこなすタイプで、とてもオシャレで洗練された雰囲気。それにしっかりしていて、私にとっては憧れの存在です。それなのに、子どものしつけへの考え方がこうも合わないなんて……。いつもすてきな義姉の姿に憧れていただけに、今日の姿を思い出すだけでなんだかガッカリしてしまいます。



1_3_2 (2)1_3_3 (1)
自分が厳しく育てられてきたこともあり、やはりどうしても私はヒナタのしつけに関して今のうちからしっかりとしておきたいです。憧れの存在だった義姉ですが、このまま会っていたら子育てへの感覚の違いばかりが気になってしまい、会うことを素直に楽しめそうにありません。それに今はまだ幼いから大丈夫ですが、このまま成長すれば息子に「何で自分ばかりが叱られるの?」なんて言われることにもなるでしょう。そうなってしまう前に距離を置くべきかと悩んでいます。

【中編】へ続く。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・ふみまる 作画・べるこ 編集・秋澄乃

■ママスタセレクトで読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定