“脱出系”アニメといえば? 3位「ソードアート・オンライン」、2位「殺戮の天使」、1位は「約ネバ」 <24年版>

5

2024年02月27日 19:21  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』新公開日版(c)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
2月26日は脱出の日です。
1815年の同日、イタリアのエルバ島に流刑されていたナポレオン・ボナパルトが、再び皇帝になるためパリを目指して脱出したことが由来となっています。


アニメには脱出を描いた作品が数多く存在します。誰もいない無人島に漂流したり、怪しげな研究施設に拘束されたり、いわれのない罪で刑務所に収容されたり……。


そこでアニメ!アニメ!では「“脱出系”アニメといえば?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。2月9日から2月16日までのアンケート期間中に75人から回答を得ました。
男女比は男性約25パーセント、女性約70パーセント、無回答が約5パーセントで、女性が多め。年齢層は19歳以下が約50パーセント、20代が約15パーセントと若年層が中心でした。


■恐ろしい敵や場所から逃げろ! 脱出アニメが勢揃い

第1位

1位は『約束のネバーランド』。支持率は約24パーセントで、2年連続のトップでした。

『約束のネバーランド』は「週刊少年ジャンプ」連載されたダークファンタジーが原作で、2019年にTVアニメ第1期、2021年に第2期が放送されました。
本作は親のいない子どもたちが暮らすグレイス=フィールドハウスが舞台。その隠された秘密を知ったエマが、仲間と共に脱出を企てます。
読者からは「ハウスは優しいママがいる理想郷かと思いきや……。子どもたちに待ち受けている残酷な運命が恐ろしかった」や「主人公のエマはまだ11歳ですが、持ち前の頭脳と身体能力、どんな辛いことがあっても希望を捨てない強さ、誰とでも仲良くなろうとする優しさで困難に立ち向かっていく。一緒に成長してきた家族との愛に感動しました」と、登場人物たちの絆に涙したというコメントが届きました。

第2位

2位は『殺戮の天使』。支持率は約17パーセントで、2年連続の2位となっています。

こちらは2018年にTVアニメ化された人気ホラーゲームが原作。ビルの最下層で目覚めたレイチェルが、殺人鬼のザックと出会い、彼が脱出する手助けをすることになります。
「記憶喪失の少女と全身を包帯で覆った殺人犯という異色の組み合わせが面白いから。殺してもらうために脱出をサポートするなんてコンビなんて見たことない! 最初は死ぬことを望んでいたレイチェルの過去がわかっていくのも見事」や「ブッ飛んだキャラクターしかいないから!」と癖の強いキャラや、彼女たちの謎が解き明かされていくストーリーが人気を博しています。

第3位

3位は『ソードアート・オンライン』。支持率は約9パーセントで、トップ3のタイトルは昨年と同順位となっています。

本作は「電撃文庫」より刊行中の小説が原作。2012年のTVアニメ化以降、数多くのシリーズや劇場版が制作された大ヒット作です。
劇中では数々のゲームが描かれていますが、TVアニメ第1期や劇場版『プログレッシブ』の舞台であるアインクラッドに触れた読者が多数。VRMMORPGの世界に閉じ込められ、ゲーム内で死ぬと現実でも死んでしまうというショッキングな物語、圧倒的な実力を持ちながらソロプレイを貫く主人公のキリトなど、魅力たっぷり。完全新作オリジナル劇場版の制作が決まっており、その動向も要注目です。

■そのほかのコメントをご紹介!

『ナカノヒトゲノム【実況中】』には「ゲーム実況者が失踪ゲームに巻き込まれ、一億回再生を達成しないと帰ることができないというストーリー。しかし登場人物たちは何らかの問題を抱えていて、元の生活にあまり執着していないところが印象的です」。
『キングダム』には「春秋戦国時代を舞台にしたバトルアクションですが、劇中でも最大のピンチになるのが敵軍に包囲されたとき。そこからどうやって脱出するのか、打開策を編み出すのが面白い! 脱出系アニメと呼んでもいいのでは?」。

『シャドーハウス』には「不思議な洋館が舞台で、顔のない一族シャドーたちが暮らしているというミステリアスな世界観が大好き。主人公・エミリコの快活な性格に癒されたり、少しずつ明らかになっていく謎に引きこまれたりと、見始めたら止まらなくなる名作」。
『銀魂』には「148話と149話は土方と沖田が首を鎖で繋がれて監禁されてしまうという展開に。部屋から脱出しようと奮闘して、精神的にも肉体的にも疲弊していく二人の心理戦が見どころ。物語のオチも笑いました」と脱出にまつわるエピソードがある作品にも投票がありました。

“脱出系”アニメというと命をかけて戦うデスゲーム系の作品が思い浮かびますが、今回はコメディやミステリーなどのタイトルもランクイン。何かから脱出するという要素が大きな魅力を持つことが再確認できる結果となりました。

■ランキングトップ5

[“脱出系”アニメといえば? 2024年版]
1位 『約束のネバーランド』
2位 『殺戮の天使』
3位 『ソードアート・オンライン』
4位 『トモダチゲーム』
4位 『ナンバカ』
4位 『名探偵コナン』

(回答期間:2024年2月9日〜2月16日)




■ランキングトップ10

[“脱出系”アニメといえば? 2024年版]
1位 『約束のネバーランド』
2位 『殺戮の天使』
3位 『ソードアート・オンライン』
4位 『トモダチゲーム』
4位 『ナンバカ』
4位 『名探偵コナン』
7位 『シャドーハウス』
7位 『進撃の巨人』
7位 『ダンガンロンパ The Animation』
7位 『ひぐらしのなく頃に』
7位 『監獄学園 プリズンスクール』
7位 『文豪ストレイドッグス』

(回答期間:2024年2月9日〜2月16日)

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。

このニュースに関するつぶやき

  • 『ふしぎな島のフローネ』
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定