flumpool・山村隆太が映画デビュー! 松下奈緒主演『風の奏の君へ』で杉野遥亮と兄弟役 特報解禁

4

2024年02月28日 06:11  クランクイン!

  • 限定公開( 4 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

映画『風の奏の君へ』に出演する(左から)⼭村隆太(flumpool)、杉野遥亮 (C)2024 「風の奏の君へ」製作委員会
 松下奈緒主演の映画『風の奏の君へ』より、ティザービジュアルと特報映像が解禁。さらに追加キャストとして、杉野遥亮と山村隆太(flumpool)の出演が発表された。松下演じる主人公を奪い合う兄弟役で初共演する。

【動画】松下奈緒の演奏シーン初解禁! 映画『風の奏の君へ』特報

 本作は、お茶の名産地である岡山県美作地域を舞台に、この地を訪れたピアニスト・青江里香と、茶葉屋を営む兄弟をめぐる物語。監督・脚本を務めるのは映画の舞台となった岡山県美作市で育った大谷健太郎。同氏の「美作の小説と映画を全国に!」という構想から製作された。

 ティザービジュアルは、主人公の青江里香を演じる松下の、どこか陰りのある横顔に「それは忘れられない恋だった」というコピーが添えられ、揺れ動く思いに戸惑うヒロインの切ない物語を予感させる。

 杉野遥亮が演じるのは、里香と運命的な出会いを果たす弟・真中渓哉。「振り返ると岡山の自然の中でこの映画を撮影できて、とても気持ちよく、嬉しかったことを思い出します」と思い出深く語り、「完成作をお届けできる事、良かったあ。と、思います。是非、劇場にて登場人物の魅力や岡山の自然を体感してみてください」と作品の期待感を抱かせるコメントを寄せた。

 また、その兄で、過去に里香と何かしらの関係があったと思われる・真中淳也を演じるのは、4人組ロックバンド・flumpoolのボーカルで、俳優としても活躍し本作がスクリーンデビューとなる山村隆太。「歌唱時機能性発声障害」であることを公表し一時は音楽活動を休止するも見事復活を果たした山村は「淳也という役に、僕がこれまで生きてきた上での葛藤や挫折、故郷や人との出会いなど全ての経験を込めて演じました」「自分の大切な感情や許せなかった過去を再認識できて、物語の最後にかけては、淳也なのか山村なのかわからなくなるほど淳也にのめりこむ自身がいる感覚になりました」と役柄に自身の経験を重ねたことを明かし、「松下奈緒さんや、杉野遥亮さんに演技を通して引っ張って行ってもらう中で」と初共演の2人に感謝を述べ、「こんな未熟者にこのような機会をいただけて心から光栄に思います」とコメントした。

 里香を演じる松下は「今作ではピアニスト役ということで自分自身と重なる部分も多く、やはり感情を揺さぶられる瞬間が1番美しい音楽になるのだと実感しました。美しい美作の風景の中で撮影できたことは演じる上でとても心強い味方になってくれました」と、撮影地である岡山県美作の美しい風景に支えられたことを明かし、「里香は風のように現れて風のように去っていきます。その短い時間で彼女の残した証を感じ取っていただけると嬉しいです」と作品への思いを打ち明けた。

 特報映像では、ピアニストだからこそ自身とリンクするような迫真の演奏が本編でいかに生かさせているのかにも注目だ。ロケ地となった茶畑の風景も確認でき、天空の茶畑とも呼ばれ、そこを訪れる人たちを魅了する隠れた名所。その美しい景色の中で、里香の命を燃やすようなはかない恋を描く物語を垣間見ることができる。

 映画『風の奏の君へ』は、初夏全国公開。

※コメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■松下奈緒 コメント

 今作ではピアニスト役ということで自分自身と重なる部分も多く、やはり感情を揺さぶられる瞬間が1番美しい音楽になるのだと実感しました。美しい美作の風景の中で撮影できたことは演じる上でとても心強い味方になってくれました。里香は風のように現れて風のように去っていきます。その短い時間で彼女の残した証を感じ取っていただけると嬉しいです。

■杉野遥亮 コメント

 映画『風の奏の君へ』に真中渓哉役で出演する事になりました、杉野遥亮です。振り返ると岡山の自然の中でこの映画を撮影できて、とても気持ちよく、嬉しかったことを思い出します。またその土地でお世話になった方も沢山いるので、完成作をお届けできる事、良かったあ。と、思います。是非、劇場にて登場人物の魅力や岡山の自然を体感してみてください。

■山村隆太(flumpool) コメント

 身に余る光栄にただ震えるばかりですが、いただいた淳也という役に、僕がこれまで生きてきた上での葛藤や挫折、故郷や人との出会いなど全ての経験を込めて演じました。松下奈緒さんや、杉野遥亮さんに演技を通して引っ張って行ってもらう中で、自分の大切な感情や許せなかった過去を再認識できて、物語の最後にかけては、淳也なのか山村なのかわからなくなるほど淳也にのめりこむ自身がいる感覚になりました。こんな未熟者にこのような機会をいただけて心から光栄に思います。
    ニュース設定