ワークマンの新作「ホンダ二輪デザイナー監修レインジャケット」は透湿防水性が高く持ち運びしやすい “普段使いできる”がコンセプト

1

2024年02月28日 07:30  Fav-Log by ITmedia

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fav-Log by ITmedia

ホンダの現役二輪デザイナー監修「レインウエア」を紹介

 去る2月18日、「ワークマン2024年春夏新製品発表会」が開催され、バイクブースではホンダの現役二輪デザイナーが監修したレインジャケットとパンツが初公開されました。その詳細についてお伝えしましょう!

【その他の画像】

●「男女ともに普段使いできるレインジャケット」がコンセプト

 まずは今回発表されたホンダ二輪デザイナー監修の「INAREM PREMIUM(イナレムプレミアム)レインジャケット・ライディングモデル(4900円 税込、以下同)」を紹介します。バイクで前傾姿勢になっても腰が露出しないように、後ろ身頃の裾が長めに設計されていますが、見た目にはアウトドア用のシェルジャケットやウインドブレーカーと何ら変わりません。

 それもそれもそのはず、このレインジャケットは「さりげなく街中にとけ込み、男女ともに普段使いできること」がコンセプトとなっています。バイク用の本格的なレインスーツは、前合わせのファスナーを覆うように防水用のフラップが設けられているのですが、これがあるとカジュアル感が損なわれることから、あえて省略されているのです。

 使われている生地は、耐引き裂き強度に優れるリップストップのポリエステルで、これにワークマンが開発した高透湿防水素材の「イナレムプレミアム」を、3レイヤーの中間層にプラス。耐水性は3万5000mm、透湿度は3万g/平方メートル/24hと発表されています。

 防水性を高めるために縫製箇所を極力減らしており、縫い代には裏側からシームテープを圧着。さらに、前合わせの止水ファスナーはできるだけ露出を減らした設計となっていて、そこから浸入した雨水は内側の水切り付きインナーフラップが防ぐ構造となっています。

 生地自体の透湿性の高さに加え、後ろ身頃には常時オープンのベンチレーションが設けられているので、バイクや自転車で走ると風圧によって内部の熱気が積極的に排出されます。また、サイドポケットの袋布はメッシュなので、ここを開くことでも蒸れを軽減できます。

 ほかにも、走行風でフードがバタつかないように、内側に巻き込んで固定するためのフード収納システムや、反射する特殊な縫い糸によるリフレクターなども採用。見た目はカジュアルですが、ライダーに必要なポイントをしっかり押さえているのはうれしいですね。

●街中での持ち運びに便利なパッカブルシステムを採用

 普段使いをコンセプトとしたこの製品は、レインスーツで一般的な携行用収納袋の代わりに、特殊なパッカブルシステムを採用しています。後ろ身頃の大容量ポケット兼ショルダーバッグがそれで、次に紹介するライディングパンツも一緒に収納できるほどの余裕があります。これなら脱いだジャケットやパンツの持ち運びに困ることはありません。

●ホンダとワークマンのコラボはメリットが大きい

 INAREM PREMIUMレインジャケットの開発がスタートしたのは、およそ2年前とのこと。ホンダ側の担当者は、小排気量のバイクやスクーターなどのデザイナーである金子かおりさんで、最近では2月15日に発表された新型グロムにも携わったとのこと。

 一方、ワークマン側の担当者は、レイン&シェル部門の羽倉優太朗さんで、今回の商品に関しては生地だけで10回以上も試作を繰り返したそうです。

 カラーバリエーションは全4種類。ホンダの「CT125・ハンターカブ」などに採用されているカラー名がそのまま、または近しい呼称で使われているのもこのレインジャケットの特徴です。商品の下げ札にもハンターカブの画像が使われており、裏面には何とホンダの商品ページにアクセスできるQRコードが印刷されています。

 ホンダにとっては、アウトドアシーンと親和性の高いワークマンと組むことで、バイクの新規ユーザーを開拓することができます。一方ワークマンにとっては、バイクユーザーにこうした取り組みを発信できるとあって、双方にとって今回の協業は大きなメリットがありそうです。

 グローイングレッド、カデットブルー、リミテッドブラックの3色が3月1日発売で、西日本では1週間ほど遅れる可能性があるとのこと。オーガニックグリーンは4月中旬に発売予定とアナウンスされました。

●既存のイナレムをベースとしたライディングパンツも登場

 雨の日はジャケットだけでなくパンツも必要ということで、合わせて発表されたのが「INAREM 2WAYライディングパンツ(3900円)」です。

 昨シーズン、ショートパンツにもなる「INAREM 2WAYクライミングパンツ」という商品が誕生しました。これをベースに、お尻の生地を二重にして耐水性を高めたり、裾の内側を耐熱生地で補強したもの。カラーはフレスコベージュの1種類のみです。この色もハンターカブのマットフレスコブラウンをイメージしたもので、アウトドアシーン全般に合いそうです。

 パンツの発売日は2月29日。レインジャケットと同様にハンターカブの下げ札が付いていますので、店頭で見かけたらぜひチェックしてみてください。

    ニュース設定