愛知・ジブリパーク「魔女の谷」3・16オープンへ メリーゴーランドやフライングマシンも

33

2024年02月28日 09:36  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

「魔女の谷」(ハウルの城) (C)ORICON NewS inc.
 スタジオジブリの作品の世界を表現した愛知県長久手市の「ジブリパーク」に、3月16日に新たにオープンする「魔女の谷」が28日、報道陣に公開された。

【写真多数】そびえ立つ「ハウルの城」 キキと黒猫ジジが暮らすパン屋も

 2022年11月に開園した「ジブリパーク」では「ジブリの大倉庫」「青春の丘」「どんどこ森」の3つのエリアに続いて、昨年11月1日に「もののけの里」がオープンし、来月の「魔女の谷」のオープンによって整備を進めていた全5エリアが完成する。

 「魔女の谷」は魔女が登場するスタジオジブリ作品をイメージしたヨーロッパ風のエリアで、『魔女の宅急便』の「グーチョキパン屋」や「オキノ邸」、『ハウルの動く城』の「ハッター帽子店」や「ハウルの城」、『アーヤと魔女』の「魔女の家」などがある。

 ジブリパークのチケットは平日、土・日・休日ともすべて日時指定の予約制(入場時間のみ指定、退場時間の制限なし)。詳しいチケット情報はウェブサイトのチケットページ https://ghibli-park.jp/ticketに掲載。

■「魔女の谷」エリア情報

 『魔女の宅急便』の「オキノ邸」や「グーチョキパン屋」、『ハウルの動く城』の「ハウルの城」や「ハッター帽子店」、『アーヤと魔女』の「魔女の家」といった映画の世界をモチーフにした建物がある。

▼メリーゴーランド

 「年に一度、村にやってくる移動遊園地」をイメージした遊具で、スタジオジブリ作品に登場する乗り物や動物・キャラクターをモチーフに装飾されている。利用は、3〜12歳500円、大人1000円。

▼フライングマシン

 メリーゴーランドと同様に「年に一度、村にやってくる移動遊園地」をイメージした遊具で、スタジオジブリ作品に登場する乗り物がモチーフとなっている。利用
は3〜12歳500円、付き添いの大人500円。※大人のみの利用は不可。

▼飛行機乗りの塔

 『天空の城ラピュタ』のパズーや『魔女の宅急便』のトンボのような空を飛ぶことに憧れる少年の家をイメージした子ども向けの遊び場。

▼オキノ邸

 『魔女の宅急便』の主人公キキが育った家。オキノ邸の前には庭園が広がっている。キキの部屋や、キキの母親コキリが働く魔女の店がある。※ジブリパーク大さんぽ券プレミアムを購入するとオキノ邸の中に入ることができる。

▼グーチョキパン屋

 『魔女の宅急便』のキキと黒猫ジジが暮らすパン屋。実際にパンを販売する。屋根裏部屋をのぞくこともできる。

▼ハウルの城

 『ハウルの動く城』に登場する生きもののような形をした城(高さ約20メートル)。ハウルの城の前には荒地が広がっている。大きな炉のある居間やハウルの寝室などがある。※ジブリパーク大さんぽ券プレミアムを購入するとハウルの城の中に入ることができる。

▼ハッタ―帽子店

 『ハウルの動く城』の主人公ソフィーが切り盛りする帽子店。ソフィーの作業場をのぞくことができる。

▼魔女の家

 『アーヤと魔女』の主人公アーヤが引き取られる家。魔女ベラ・ヤーガの作業部屋やアーヤの寝室などがある。※ジブリパーク大さんぽ券プレミアムを購入すると魔女の家の中に入ることができる。

※ジブリパークでは通常の営業時、一部を除き、撮影できません(C)Studio Ghibli

【記事タイトル訂正のお知らせとお詫び】記事初出時、記事タイトルで「12歳以下が楽しめるメリーゴーランドやフライングマシンも」としておりましたが、メリーゴーランドは、大人も「のりもの券」を購入して乗車できますので、タイトルから「12歳以下が楽しめる」を削除する訂正を行いました。不正確な情報を記載したことをお詫びいたします。

このニュースに関するつぶやき

  • 『魔女の谷』より『魔女の谷間』派、手を上げて��ʥѡ���ハイ
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

オススメゲーム

ニュース設定