「宿題多すぎ…」子どもの愚痴にも“共感”を「ほとんどの親は子どもの愚痴に共感できません」

8

2024年02月29日 06:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

子どもにも“共感”を
 子育て世代に寄り添うSNS投稿が注目を集めている教育評論家の親野智可等氏が、親から子どもへの声かけをテーマに執筆した書籍『ちょっとしたひと言が、子どもを伸ばす・傷つける 親の言葉100』(グラフィック社刊)を発売した。親の「イライラ」から出る言葉、「つい」使ってしまう言葉をもとに、子どもへの“伝わり方”を解説した内容で、現役小学校教師時代から40年以上も親と向き合ってきた著者だから生まれた、言葉のメソッドが満載となっている。同書から、子どもとの共管の重要性につて解説したポイントを、一部抜粋・編集して紹介する。

【画像】友だちとトラブルを起こしやすい…?!親の言葉

■「大変だね」はとてもよい言葉、子どもの愚痴を共感的に聞くことで親子関係はぐんとよくなる

 ほとんどの親は子どもの愚痴に共感できません。子どもが「宿題多すぎ、やる気がでない」と言うと、親は「仕方ないでしょ!やらないとダメ」と言います。

 しかし、職場に置き換えるとどうでしょう。同僚が「仕事多すぎだよね。やる気がでない」と言うと「本当に。大変だよね」と共感する人が多いでしょう。そのほうが、よい人間関係がつくれると知っているからです。

 子どものこととなると共感できないのは「指導しなければ」という気持ちが優先されるから。しかし、 職場の人よりも子どもとよい人間関係をつくるほうが大事。人間関係をよくするうえでいちばん大切なのは、相手の話を共感的に聞くことです。

 前述の例も「宿題を絶対にやらない」と言っているわけではありません。「大変だよね」と共感的に聞くと、子どもは「大変さをわかってくれた」と気持ちがラクになります。そのうえでハードルをさげた提案をするのです。たとえば「半分の半分だけやろう」など。

 日常的にそう声がけをしていると、子どもは、「ワタシの大変さをわかってくれるママは味方」と思えるようになり、親子仲はどんどんよくなります。

 これも同じです。
・「あなたも大変なんだね」と子どもの大変さを認める
・「それはイヤだよね」「困るよね」と共感する

■親野智可等(おやのちから)
教育評論家。本名・杉山桂一。長年の教師経験をもとに、子育て、親子関係、しつけ、勉強法、家庭教育について書籍・ネット・新聞・テレビなどで具体的に提案。最近では、子育て世代に寄り添ったSNS投稿が話題。「ハッとした」「泣けた」など、多くの支持を得ており、全国各地の小・中・高等学校、幼稚園・保育園のPTA、市町村の教育講演会、先生や保育士の研修会でも大人気となっている。著書多数。人気マンガ『ドラゴン桜』(講談社)の指南役でもある。

このニュースに関するつぶやき

  • 自分の子供時代を忘れたのか? 夏冬の宿題地獄… まぁ気にせず遊んでたアホの子だったがw
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定