ロッテ、昭和に販売していた「コーヒーガム」発売 「コーヒーを飲むという大人の体験をさせてあげたい」開発秘話明かす

4

2024年02月29日 10:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

ロッテ「コーヒーガム」
 ロッテは3月5日から、1962〜90年頃まで販売していた「コーヒーガム」と70〜95年頃まで販売していた「ジューシー&フレッシュガム」を全国で発売する。想定価格は129円前後(税込)。

【写真】黄色いパッケージが懐かしい!「ジューシー&フレッシュガム」も発売

 「コーヒーガム」は、噛んだ瞬間から広がるコーヒーの香りが特長。「ジューシー&フレッシュガム」は、広がるフルーツの香りとアクセントに加えたシナモンの香りが特長。

 同社の「チューインガム研究課」浦部達弘氏は「『コーヒーガム』はお子様たちに『コーヒーを飲むという大人の体験をさせてあげたい』という、当時の研究員の思いから誕生しました」と開発秘話を明かし、「『コーヒーっておいしい!と初めて思ったのがこのガムでした』『子どもの頃、おやつにコーヒーガムをおねだりしていたことを思い出しました』など、子どもの頃の良き思い出として、お客様から多くの声を頂いています」と反響を説明。「コーヒーと聞くと苦い味わいを想像する方も多いかもしれませんが、お子様たちに楽しんでもらえるように、甘くてミルク感のある味わいになっています。またリアルなコーヒー感を出すために、コーヒーの粉末を実際にガムに配合しています」とアピールした。

 今回も発売当時の味わいが再現されており、発売当時と変わらない、噛んだ瞬間から広がるコーヒーの香りが楽しめるという。

 「ジューシー&フレッシュガム」については、「発売する少し前、1960年代は、銭湯でフルーツ味の乳飲料が人気だったり、喫茶店でミックスジュースが親しまれていた時代でした」と説明。「当時のフルーツガムは単独のフルーツ味が定番でしたが、ミックスジュースの人気をヒントに『いくつかのフルーツを組み合わせた味わいのガムを作る』という新しいチャレンジから誕生したのが『ジューシー&フレッシュガム』です」とし、「懐かしい味わいを当時の思い出とともにお楽しみいただけたら嬉しいです」とコメントした。

このニュースに関するつぶやき

  • コーヒーガムは1年ちょい前に復刻したけど、人工甘味料が入ってて心底ガッカリさせられましたねぇ…そりゃもう痰吐きかけたいくらいに。ええ(´ω`)旦~~
    • イイネ!1
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定