宝塚歌劇団"パワハラ"、機関誌「宝塚グラフ」が遺族に謝罪へ 上級生の"非常識"発言掲載

34

2024年02月29日 11:20  弁護士ドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

弁護士ドットコム

記事画像

宝塚歌劇団の劇団員だった女性が死亡した問題で、女性にヘアアイロンでやけどさせたと指摘されている上級生の発言を掲載した機関誌『宝塚GRAPH(グラフ)』の発行元「宝塚クリエイティブアーツ」は、女性の遺族側に謝罪する意向を示した。弁護士ドットコムニュースの取材に2月28日、回答した。


【関連記事:「何で全部食べちゃうの!?」家族の分の料理を独り占め 「食い尽くし系」の実態】



問題とされる発言は、2023年11月号(10月19日発売)に掲載されたもので、女性が亡くなった20日後に発行された。記事では、上級生が稽古に持っていく荷物について、「ヘアアイロンを持っていこうかな」などと発言していた。



この発言について、遺族側代理人は「遺族の心情を傷つけるものだった」と批判し、同社に対して記事が掲載された経緯の説明を求めるとしていた。同社の株主は、阪急電鉄株式会社(100%)。



⚫︎遺族側「女性を悼む気持ちを持っていない」と批判

問題が指摘されているのは、宙組上級生が稽古に持っていく荷物について、次のように答えた記事だ。



「全国ツアー公演を経験したことで、予備の必要性に気づいてしまって。『今日は雨だからカールが取れやすいかも。ヘアアイロンを持っていこうかな』となったり、多めの着替えに絆創膏など、欲しくなるかもしれないものが沢山入っています(笑)。」



2月27日に都内で会見をした遺族側代理人は、この上級生がヘアアイロンで女性の額にやけどを負わせたのが2021年8月だったと主張している。その後、2023年1月に週刊誌がヘアアイロンのやけど問題について報じると、劇団内の調査がおこなわれていたという。女性が亡くなったのは、同年9月だった。



遺族側代理人をつとめる川人博弁護士は、2月27日の記者会見で、次のように批判していた。



「上級生があえてヘアアイロンや絆創膏のことを持ちだし、最後に『(笑)』などと述べたのは、上級生が被災者(亡くなった女性)に対し、やけどを負わせたことを反省せず、また、被災者を悼む気持ちを持っていないと言わざるを得ない。



そして、上級生の非常識な発言内容を、そのまま劇団の広報誌ともいえる『宝塚グラフ』に掲載した出版社の責任は重大である」



遺族側は同社に対して、記事を掲載した経緯の説明や、遺族側に対する誠実な対応を求めていくとした。



⚫︎「宝塚グラフ」発行元「ご指摘は真摯に受けて止めている」

弁護士ドットコムニュース編集部は2月27日、同社に対して、記事掲載の経緯などについて、説明を求める取材を申し込んだところ、翌2月28日に次のような回答を得た。



「詳細については、宝塚歌劇団等とご遺族の協議に関係する事項になりますので回答を差し控えさせていただきますが、当社として、ご遺族代理人のご指摘は真摯に受け止めており、ご遺族に謝罪したいと考えております。ご遺族との間では代理人を通じて協議させていただく予定です」


このニュースに関するつぶやき

  • ちっとも清く正しく美しくなんかない世界だということがよくわかった。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(26件)

ニュース設定