「赤ちゃんとベビーカーを抱える私が譲られた電車の席。なのに若いビジネスマンが横から滑り込んできて...」(広島県・50代女性)

2

2024年02月29日 17:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

「赤ちゃんとベビーカーを抱える私が譲られた電車の席。なのに若いビジネスマンが横から滑り込んできて...」(広島県・50代女性)

シリーズ読者投稿〜あの時、あなたに出会えなければ〜 Bさん(広島県・50代女性)

約25年前の蒸し暑い日。Bさんが赤ちゃんを抱いて路面電車に乗ると、初老の男性が席を譲ってくれた。

しかし、その席に若いビジネスマンが滑り込み......。

25年前、路面電車で(画像はイメージ)
25年前、路面電車で(画像はイメージ)

<Bさんの体験談>

30代の初めのころ、結婚6年目にしてやっと授かった息子と路面電車に乗った時のことです。

片手にはまだ1歳になる前の息子を抱っこし、もう片手には折り畳んだベビーカーを持って乗り込みました。

「あなたのお母さんもこうやって...」

当時は車内でベビーカーを畳むのが当たり前。乗降するにはステップもあり、移動は大変。

その日はとても蒸し暑い日で、混みあう車内で汗をかきながら不安定な体勢になっている私に、初老の男性乗客が気付き、「座りなさい」と席を譲ってくれました。

その途端、若いビジネスマンがそこに着席したのです。

譲ってくれた男性客は「この席は子育て中のお母さんとお子さんに譲ったものだ。あなたにではない」と言ってくれましたが、ビジネスマンは文句を言います。

譲ってもらった席に...(画像はイメージ)
譲ってもらった席に...(画像はイメージ)

しかし「あなたのお母さんもこうやってあなたを育てたんだ」と男性が言うと、ビジネスマンは立ち上がりました。

私はあけてもらった席に座らせてもらい、やっと汗が引きました。


降車後、初老の男性に「ありがとうございました」とお礼を伝えると、彼には私と同じくらいの年齢の娘さんと、お孫さんがいるのだと教えてくれました。そして「どうしても知らないふり出来なくてね」と。

あの時、私が抱っこしていた息子は大学院進学で地元を離れ、昨年の春から首都圏に住み始め、社会に出ました。

沢山の人に助けてもらったおかげで今があることを忘れずに、困った人にはさりげなく手を差し伸べることができる人になってほしいと思っています。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」「あの時はごめんなさい」、聞かせて!

名前も知らない、どこにいるかもわからない......。そんな誰かに伝えたい「ありがとう」や「ごめんなさい」を心の中に秘めている、という人もいるだろう。

Jタウンネットでは読者の皆さんの「『ありがとう』と伝えたいエピソード」「『ごめんなさい』を伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのか、どんなことをしてしまい謝りたいのかなど、500文字程度〜)、体験の時期・場所、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談を編集して掲載しています。あらかじめご了承ください)

このニュースに関するつぶやき

  • 席を横取りした男に一言、恥を知れ
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定