JR西日本381系「国鉄色」で行く、特急「やくも」全5色の見学ツアー

1

2024年02月29日 17:41  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

画像提供:マイナビニュース
JR西日本と日本旅行は、歴代の特急「やくも」全5色が並ぶ姿を見学できる「381系国鉄色やくも団体臨時列車で行く! 特急やくも全5色見学ツアー 」を4月7〜8日に実施すると発表した。


特急「やくも」は4月6日から新型車両273系を導入。これにともない、381系は6月14日までに順次運行終了する。今回、381系の「国鉄色」「スーパーやくも色」「緑やくも色」リバイバル塗装車両と「ゆったりやくも色」(通常色)の車両、新型車両273系の計5編成を後藤総合車両所出雲支所で一度に見学できる最初で最後のツアーを企画した。

計3コースを用意し、Aコース(グリーン車利用、定員30名)は大人6万1,800円・こども5万1,800円、Bコース(普通車指定席利用、定員40名)は大人5万7,800円・こども4万7,800円、Cコース(普通車指定席利用、定員130名)は大人5万4,800円・こども4万4,800円。1日目は岡山駅から出雲市駅まで381系「国鉄色」の団体臨時列車に乗車し、到着後はフリータイムに。出雲市内のホテルに宿泊する。


2日目は早朝からバスに乗り、後藤総合車両所出雲支所で381系・273系5編成を見学する。西側(下関方)に5編成の先頭車両が並ぶ姿を見学でき、「スーパーやくも色」の先頭はパノラマ型グリーン車になるとのこと。終了後、ホテルに戻って朝食を済ませ、Cコースはチェックアウト後に解散。Aコースは午前、Bコースは午後にそれぞれ米子駅隣接の扇形車庫見学ツアー(約90分)を実施し、終了後に米子駅で解散となる。



各コースともツアー参加記念オリジナルグッズと「273系新型やくも運転開始記念弁当」が付く。旅行中にも使える「WESTER」ポイントが大人・こども問わず5,000ポイント付与される。参加応募は「tabiwa」山陰エリアページにて、3月3日23時59分まで受け付け、応募者多数の場合は抽選に。3月7日午後以降に当選者へメールで通知される。(佐々木康弘)

このニュースに関するつぶやき

  • 伯耆大山を眺めながら快眠できる電車
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定