ワイモバイルが初の折りたたみスマホ「Libero Flip」を発売! 3万円台で買える激安スマホの実力は?

1

2024年02月29日 21:21  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

ワイモバイルが初めてリリースする折りたたみスマホ「Libero Flip」は、6万3000円とリーズナブルな価格設定で登場。Libero Flipの特徴と、気になる使用感をお伝えします。
2024年2月29日、ワイモバイル初の折りたたみスマホ「Libero Flip」がリリースされます。5G対応で基本機能が充実しており、コスパの良い端末です。

この記事では、「Libero Flip」の特徴と使用感を解説します。

Libero Flipは折りたたみスマホで魅力的な価格

スマホ市場ではハイエンドモデルの価格が高騰しており、折りたたみスマホは特に高価格帯のモデルが多くなっています。

そんな中、今回ワイモバイルがリリースするZTE製の折りたたみスマホ「Libero Flip」は、6万3000円とリーズナブルな価格設定が魅力です。

さらに、新規もしくはMNP(他社からののりかえ)で料金プラン「シンプル2M/シンプル2L」を契約すると2万3200円の割引となり、3万9800円で購入できます。

6.9インチの大画面も、折りたためば手のひらサイズに

メインディスプレイは約6.9インチ

Libero Flipを開くと、現れるのは約6.9インチの大画面。フルHD+解像度(2790×1188)の有機ELディスプレイです。

こちらのメインディスプレイに対し、サブディスプレイは約1.43インチの円形デザイン。

端末を折りたたんだ状態でも通知の確認や電話応答などが可能で、6つのウィジェット(カメラ/レコーダー/タイマー/スポーツと健康/天気/音楽)が利用できます。
サブディスプレイは約1.43インチ


高精細な写真が撮れる5000万画素のメインカメラ

端末の外側には約5000万画素のメインカメラ+約200万画素の深度カメラ(=ボケ具合を調整できる補助カメラ)を、内側には約1600万画素のインカメラを搭載しています。

また、カメラに向かって手のひらを向けたり、ピースをしたりすることでタイマー撮影が可能な「ジェスチャー機能」、本体を閉じた状態でカメラを起動し、サブディスプレイで写りを確認しながら撮影できるなど、セルフィーの撮影に便利な機能も充実しています。

本体を折り曲げれば、端末を自立させて撮影することも可能です。
カメラ作例(広角26mm)

カメラ作例(標準50mm)


Libero Flipの基本仕様

Libero Flipの基本仕様は以下の通りです。

・OS:Android 13
・チップセット:Qualcomm Snapdragon 7 Gen 1
・メモリ:6GB
・ストレージ:128GB
・重さ:約214g
・バッテリー:4310mAh
・SIM:デュアルSIM(nanoSIM、eSIM)
・データ通信方式:5G、LTE、AXGP
・急速充電:対応(33W)
・防水:IPX2
・防塵:IP4X
・生体認証:指紋・顔認証
・おサイフケータイ対応
・電話録音機能(詐欺/迷惑電話対策機能)対応
・本体カラー:ホワイト/ゴールド/ブルー

デバイス情報

ストレージ情報


気になる使用感は?

約6.9インチの大画面スマホを折りたたんで、コンパクトに持ち歩けるのは便利です。サブディスプレイで通知なども確認できるため、手軽に利用できます。

ミドルレンジの仕様ながら、日常使いには十分の動作速度も魅力。有機ELディスプレイの視認性も高い印象です。

Libero Flipは高コスパな折りたたみスマホとしておすすめのモデルです。
(文:伊藤 浩一(スマートフォンガイド))

このニュースに関するつぶやき

  • 3万円台 =3万9800円 | 給料とかもこの方式ならいいけどね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定