シネ・リーブル梅田がリニューアル→「テアトル梅田」復活が決定 スカイビルに外壁サインも移設

39

2024年03月01日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

「テアトル梅田」復活が決定
 大阪のミニシアター「テアトル梅田」が4月に復活することが決定した。リニューアル工事中のシネ・リーブル梅田(大阪市北区・梅田スカイビル3・4F)が、4月19日のリニューアルオープンにあわせて劇場名称を変更し、新生「テアトル梅田」として生まれ変わる。

【写真】懐かしい!ロフト地下にあったテアトル梅田の客席

 テアトル梅田は1990年4月19日に茶屋町の「梅田ロフト」地下にオープン。32年の間、関西のミニシアター文化のけん引役として、エンターテインメント作品からアート作品にいたるまで世界中の良質な作品を2000本以上上映したが、2022年9月末に閉館した。

 閉館が発表されると、SNS上では劇場での思い出を懐かしむ声やその決定を惜しむ声があふれ、ラスト2週間の「さよなら興行」は連日の超満員。最終日には、全国から来館した数多くの映画ファンに見守られながら、その幕を閉じた。

 同館が産声を上げた日から数えて、ちょうど34歳の誕生日にあたる2024年4月19日、テアトル梅田とともに大阪のミニシアターの歴史を刻んできた梅田ガーデンシネマ、そしてシネ・リーブル梅田が存在した場所で、新生・テアトル梅田がオープンする。

 劇場名を継承するにあたって、旧テアトル梅田の外壁にあった象徴的な劇場名サインも梅田スカイビルに移設。32年間、観客を見守り続けてきたサインがシンボルとして再び掲げられる。

 また、運営会社の東京テアトルが「過去愛されたものを新しい価値で」をコンセプトに取り組む廃棄スクリーン再生活用プロジェクト「SCRE:EN」ともコラボし、旧テアトル梅田で実際に閉館まで使われていたスクリーン生地を使用した新商品の限定販売も準備中。

 「新生テアトル梅田は、関西映画文化の歴史を受け継ぎ、紡ぎつつ、これまでにない新しい関西の映画発信拠点として新しい風を吹き込むべくチャレンジしてまいります」と呼びかける。

このニュースに関するつぶやき

  • シネ・リーブルがずっと工事してたのはこのためか。今日のファーストデイは行けなかった。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(20件)

ニュース設定