スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」

47

2024年03月01日 21:43  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

スーパーで売れ残っていたクリガニ

 スーパーで半額シールを貼られて売れ残っていたカニ。自宅の水槽に入れてみた結果を映した動画がYouTubeに投稿され、記事執筆時点で220万再生を突破。「生き物を慈しむ優しさに涙が」「温かな気持ちになりました」と反響が集まっています(ミミズや虫が苦手な人は閲覧注意です)。


【画像】感動の結果


●スーパーで売れ残っていた「クリガニ」


 ある日、投稿者さんが閉店間際の鮮魚スーパーに行ったときのこと。1匹だけ売れ残っている「クリガニ」に目が止まり、どことなく惹きつけられる感覚があったといいます。そのカニをよく見るとまだ微かに息があり、投稿者さんは購入して飼育してみることにしました。ただ帰るまでに時間がかかる距離だったため、心配になった投稿者さんは近くで海水をくむことに。その中にカニさんを入れ、「頑張れ」と声をかけながら様子を見ます。


 投稿者さんによると、魚と違ってカニはエラの中に残っているわずかな水分を口やエラを動かすことで呼吸ができるそうですが、そのときに空気と水が混ざり合って泡立つことがあるとのこと。自宅に着いた際、カニさんは元気がなく口の周りが泡立っており、苦しくてギリギリの状態だったようです……。


●クリガニを水槽に入れると……


 それから投稿者さんは、人工海水の素や岩を入れて水をはった水槽に、カニさんをゆっくりと入れます。すると、少しずつ口の周りを動かしはじめたカニさん。人工海水の粒子が舞っていることで、海水を取り込んでエラ呼吸ができているようです。なお、クリガニは冷たい海に生息する個体なので、エアコンで室温を下げ、飼育環境を合わせているとのこと。


 そしてカニさんにエサ(青イソメ)をあげると、ハサミを動かして上手に食べてくれました! すっかり活力を取り戻し、水槽内を移動するようになったカニさん。数時間前まで瀕死の状態でスーパーに売られていたとは思えないほど、元気な姿にひと安心です。


●元気を取り戻したカニさんの姿に反響


 コメント欄には、「半額からの生還、何て強運なんだろう」「野生動物の『生きる』と言う本能に凄く感動しました」「肉、魚を本当に有り難く食べないといけないって分からせてもらえる動画」「長生きしてくれると良いですね」「めちゃくちゃ優しい飼い主さん」といった声がたくさん寄せられています。


 投稿者である、もりぽこさんのYouTubeチャンネル「エマスちゃんねる / EMAS CHANNEL」には、カニさんの日々のお世話の様子や、水槽のメンテナンスについても別動画で見られる他、以前保護したフグさんの姿も公開中です。また、X(Twitter/@emas_channel)、Instagram(emas_channel)にも、生き物やアクアリウムの動画が発信されています。


画像提供:YouTubeチャンネル「Gエマスちゃんねる / EMAS CHANNEL」


このニュースに関するつぶやき

  • こういう個体販売は許されるのか。よし、魚屋に探しに…… 海水や水槽用意する根気ないからやめとこ。蟹さん、いいお客に当たってよかったね。
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(32件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定