「東武東上線」で借りて住みたい街ランキング 1位は交通利便性、生活利便性が高い「池袋駅」

16

2024年03月02日 18:20  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

東武東上線(photoAC)

東武東上線で「借りて住みたい街」が多い人気の駅はどこなのでしょうか。株式会社LIFULL(東京都千代田区)が運営する不動産・住宅情報サービス『LIFULL HOME'S』がこのほど発表した「賃貸物件の問合せが多い鉄道路線ランキング(首都圏・私鉄編)」によると、「池袋駅」(平均家賃:13万8481円)が1位となりました。

【写真】「東武東上線」の借りて住みたい街

調査は、2023年1月〜12月の期間に、同サービスに掲載された首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の賃貸物件のうち、実際の問合せ数から選ばれた「借りて住みたい街ランキング」でTOP200内の駅を路線別に集計しランキング化したといいます。なお、平均家賃は問合せのあった賃貸物件(1LDK)の中央値を40平米あたりに換算しています。

「東武東上線」は、東京都豊島区の「池袋駅」から埼玉県大里郡寄居町の「寄居駅」までを結んでおり、埼玉県の西側のエリアから都心へ乗り換えなしでアクセスできる路線となっています。

首都圏・私鉄における「賃貸物件の問合せが多い鉄道路線ランキング」では、「東武東上線(池袋〜寄居)」は「首都圏版借りて住みたい街ランキング」TOP200内に11駅がランクインし、3位となりました。

なお、ほかの順位は1位「小田急小田原線(新宿〜小田原)」(同:14駅)、2位「東急東横線(渋谷〜横浜)」(同:13駅)、4位「東急田園都市線(渋谷〜中央林間)」(同:9駅)、同率5位「東急目黒線(目黒〜日吉)」「東武伊勢崎線(浅草〜羽生)」(いずれも同:8駅)となっています。

「東武東上線」について、問合せが多い人気の駅をまとめたところ、1位になったのは、同社が発表した「借りて住みたい街ランキング首都圏版」で12位だった「池袋駅」(平均家賃:13万8481円)でした。同駅は、JRや東京メトロ、私鉄、バスが利用でき交通利便性に優れるほか、生活利便性も高く、コロナ禍前までは「住みたい街ランキング」で永らく首位をキープしていた人気の駅です。

続く2位には、「池袋」から約20分に位置し、ホームセンターや深夜まで営業するスーパーもあり、単身者だけでなくファミリー層にとっても暮らしやすい「志木駅」(借りて住みたい街ランキング首都圏版:40位/同:7万6084円)がランクイン。

以降、3位「和光市駅」(同:72位/同:9万3939円)、4位「朝霞駅」(同:106位/同:8万3333円)、5位「川越駅」(同:119位/同:7万4457円)がランクインする結果となりました。

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 終点の寄居や小川町がいいかなあ。どちらもJR八高線と乗り換えできますね。都心までは遠いですが、緑が豊富でしょうね。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

前日のランキングへ

ニュース設定