これが「1枚の紙」...だと? 文豪の小説を「切り絵」で写経...超絶技巧の作品に驚嘆の声

2

2024年03月02日 20:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

これが「1枚の紙」...だと? 文豪の小説を「切り絵」で写経...超絶技巧の作品に驚嘆の声

思わず目を疑ってしまうような「切り絵」が、X(ツイッター)上で反響を呼んでいる。

あまりに繊細...!(画像提供:切り絵作家 梨々(@ririkirie)さん、以下同)
あまりに繊細...!(画像提供:切り絵作家 梨々(@ririkirie)さん、以下同)

A3くらいだろうか。切り絵とは思えないほどの細い筋が何本も何本も走っている。糸だと言われたら納得するだろう。

何を表現しているのか。画像を拡大してみると――。

本当に切り絵!?
本当に切り絵!?

文字が、いっぱい!? っていうか「桜の樹の下には 梶井基次郎」って書いてある......!紙から切り出されたものだとは信じられない超絶技巧。まさに神業だ!!!!

こちらは2024年2月23日に静岡県在住のXユーザー・梨々(@ririkirie)さんが

「切り絵で小説を創っています」

というつぶやきとともに投稿したもの。

一体なぜ切り絵で小説を? Jタウンネット記者は27日、制作者の梨々(@ririkirie)さんに話を聞いた。

制作には100時間以上も

梨々さんは静岡県在住の切り絵作家。16歳で初個展を開いて以降、数々のメディアにも出演している。言葉好き・日本語好きが講じ、2020年ごろから小説の切り絵を作り始めた。

「小説などを丸々作品にすることで文字の美しさに重ねて、私の中の感情や思いを表現できると思い、作ろうと思いました」(梨々さん)
「梶井基次郎:桜の樹の下には」
「梶井基次郎:桜の樹の下には」

題材にするのは、好きな作品のなかでも特に、価値観に深く影響を及ぼしたもの。読んだときに得た感情や思いが見た人に伝わるよう、切り絵をデザインする。意識しているのは「文字と絵と感情が混じり合ったような作品に仕上げること」だ。

「小川未明:人魚と赤い蝋燭」
「小川未明:人魚と赤い蝋燭」

梨々さんによれば、作品作りで最も重要なのは「根性」。

制作はすべて手作業で行い、切る工程には100時間から150時間もかかる。しかし、そんな長期戦ならではの魅力がある。

「好きな作品とは言えただ読むだけであれば、10分もかからない文章を、100時間以上向き合い考えるというのは新たな発見も多く、切り絵を通してでしか辿り着けなかった考えを得られたりして、とてもたのしいです」(梨々さん)
超絶技巧の文字と絵
超絶技巧の文字と絵

想像を絶するほど繊細かつ緻密な切り絵に、ユーザーからは11万件を超えるいいね(1日昼時点)のほか

「す、すごすぎる...3度見ぐらいしました」
「正直なところ、人間業とは思えません...」
「10秒ぐらい経ってから現実なことに気づきました!!すごすぎます!」

といった声が寄せられている。

このニュースに関するつぶやき

  • これこないだ珍百景でもやってたよ
    • イイネ!2
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定