わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」

5

2024年03月03日 07:18  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

「なべなべそこぬけ」で遊んでいたら……

 兄妹が仲良く遊んでいたら予想外の出来事が! そんな驚きの場面がInstagramに投稿され話題に。記事執筆時点でこの動画の再生数は240万回を突破し、獲得した“いいね!”は3万8000件を超えています。


【画像】まさかの展開


●わらべうたでごく普通に遊んでいた兄妹


 投稿者はカネイ中川仏壇店(滋賀県長浜市)の5代目塗師・中川喜裕さん。ある日、息子さんと娘さんがわらべうた「なべなべそこぬけ」で遊んでいたときのこと。背中合わせで手をつなぎ元気良く「なーべーなーべーそーこぬけ」と歌っています。


●体の向きを変えたら……


 手をぶんぶん振って、「そーこがぬけたらかえりましょ」と言いながら体の向きを変える2人。妹さんがしゃがんでしまったものの、スムーズに向き合うことができましたが、兄妹は何やら笑っています。何があったのかと妹さんの顔を見てみると……? なんと先ほどまでかけていなかったメガネをかけているのです! どういうこと?


 どうやら体の向きを変えたときに、息子さんのメガネが娘さんの顔へ移動し、奇跡的にスチャッとはまったようです。これはまさにイリュージョン! 「そんなことある!?!」と驚きのコメントを添えた中川さんの気持ちがよく分かりますね。


●何度も見直す人多数


 思わず二度見してしまうこの出来事には「めっちゃ可愛いイリュージョン!!」「眼鏡ふっとぶのはありそうですけど、まさかですね」「最初何が起きてるのか分からなくて見直しちゃった! アメイジング!!!」「声出して笑いました」といった声が寄せられています。振り返った瞬間に視界の様子が異なり、本人たちも一瞬何が起こったか混乱したことでしょう。


 中川さんは仏壇の製造や販売、修復、指定文化財である山車の修復に携わりながら、愛用品やキャンプギアなどに漆を施すプロジェクトを始動し、漆ガレージブランド「GNU」を設立しました。ブログでは漆にまつわるさまざまなエピソードを公開中。また、漆塗り体験ワークショップを開催するなど、伝統ある漆文化の普及活動を行っています。


 Instagramアカウントでは、そんな中川さんのお仕事情報を発信中です。


画像提供:GNU urushi craft(R) / 中川喜裕(@gnu_jp)さん


このニュースに関するつぶやき

  • 部屋の散らかり方に目が行ったよ。🤯
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定