ユーヴェ指揮官、ドーピング違反で4年間の出場停止のポグバに言及「並外れた選手を失った」

3

2024年03月03日 18:36  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

アッレグリ監督とポグバ [写真]=Getty Images
 ユヴェントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、ドーピング違反で4年間の出場停止処分が下された元フランス代表MFポール・ポグバについて語った。2日、イタリアメディア『スカイスポーツ』がコメントを伝えている。

 ポグバは昨年8月20日に行われたセリエA開幕節ウディネーゼ戦後、無作為に薬物検査の検査対象として選ばれ、筋力増強などの作用があるテストステロン値の上昇が確認された。その後、イタリア反ドーピング機構(NADO)は、ポグバから検出された物質が「非内因性のテストステロン代謝物であった」と発表。ポグバは、反ドーピング規定への違反を理由に、暫定的な資格停止処分を科され、9月3日のエンポリ戦以降欠場していた。

 この検査結果を不服としたポグバは再検査を実施。それでも、10月6日に同選手から新たに採取したBサンプルの検査で、再び陽性が確認された。そして2月29日、イタリア反ドーピング裁決機関(TNA)はポグバに対し、NADOが求めていた4年間の出場停止処分の裁決を下した。

 そんなポグバについて、ユヴェントスを率いるアッレグリ監督は3日に行われるナポリ戦を前にした記者会見で「私は二日前に彼にメッセージを送った。とても残念だ。フットボール界は並外れた選手を失った。私は幸運にも彼を指導することができたが、あのような選手を見つけることはとても難しいよ」と胸中を明かした。

 なお、ポグバに下された4年間の出場停止処分は、予防措置として試合に欠場してきた期間は4年に含まれるため、2027年9月に処分期間が終了することになる。しかし、3月15日で31歳となるポグバにとって4年間の出場停止処分は非常に重く、自身の公式Instagram(@paulpogba)を通して、改めて出場停止処分は受け入れられないと主張し、CASへ提訴する姿勢を示している。

このニュースに関するつぶやき

  • なんかもう可哀想になってくるわアッレグリ…ここ最近のシーズンは何かと騒動起きすぎなんよ…
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定