1つの島にヨーロッパが濃縮されている!? キリバス共和国の都市名が適当すぎると話題

33

2024年03月03日 20:28  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

キリバスのキリスィマスィ(クリスマス)島。オーストラリアのクリスマス島とは別の島(画像はGoogleマップより)

 太平洋上に位置する「キリバス共和国」の地名が「適当すぎる」と、X(旧Twitter)で約3万5000件のいいねを集めるほど話題になっています。1つの島に他国の都市名がいっぱいある……!


【画像】キリバスのキリスィマスィ島の地名


 話題になっているのは、Xユーザー・えぐなちきさんが、海外で「キリバスの人は都市名を決めるとき、考えるのを諦めたのだと思う」と盛り上がっていた話題を意訳した投稿です。


 キリバスは33の環礁からなる国家。注目を集めているのは、その1つであるキリスィマスィ島で、西の海岸に「ロンドン」「パリ」「ポーランド」がずらりと並んでいます。ここだけやけにヨーロッパ!


 キリバス北部には「バナナ」があるなど、なんともユニークなキリバスの地名に、Xでは「ある意味国際都市」「キリバスの中にヨーロッパが広がってる」と、日本でも注目を集めることとなりました。


 ちなみに、地名の由来については、「入植者が母国をしのんで命名した」説が知られており、パリはフランスの宣教師、ポーランドはプランテーション労働者が命名したとされています。また、ロンドンはイギリスが植民地化したときに、「(キリスィマスィ島の)パリ」の対岸にあった土地を、ドーバー海峡に見立てて名付けたとされています。


このニュースに関するつぶやき

  • 北海道にもよそから来た人達が故郷にちなんでつけた地名あり。
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(22件)

ニュース設定