武内駿輔&徳井青空&戸谷菊之介&三宅健太、『アタック25』令和初の声優大会で激突 司会のムチャぶりにも対応

47

2024年03月04日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

BSJapanext『パネルクイズ アタック25 Next』声優大会SPに参戦する武内駿輔、徳井青空、戸谷菊之介、三宅健太 (C)ORICON NewS inc.
 BSJapanextのクイズ番組『パネルクイズ アタック25 Next』(毎週日曜 後1:25)声優大会SP収録後に囲み取材が行われ、出場者である武内駿輔、徳井青空、戸谷菊之介、三宅健太が参加した。

【別カット】意気込みをみせる声優陣

 『パネルクイズ アタック25』時代の1985年4月に番組10周年を記念して放送された「10歳児と人気アニメ声優大会」から39年の時を経て、令和初の声優大会が実現。通常読み上げ問題、音楽問題、映像問題に加えて「声優・アニメ」に関する問題はもちろん、大物声優からのVTR問題も出題される。BSJapanextで3月10日放送回、地上波の朝日放送でも16日(後2:28〜)に放送。

 収録を終え、武内は「同じ業界の先輩・後輩と一緒にやれるということで本番自体は楽しみだったんですけど実際クイズということでみなさんがどれくらい得意なのかビクビクしていったら、意外といい勝負になった気がして最終的にはほっこりして、ファミリー感がうまれたのでは」と自信をみせる。

 収録では今回、MCを務めた石井亮次の“ムチャぶり”に4人が果敢に応える姿もみられ、武内は「石井さんが緊張感をほぐそうとしてくれたお気遣いがありがたったです」と感謝し「普段見ることのできないお三方が観られて得した気持ちになりました」と不敵な笑みを浮かべた。

 徳井は「『クイズを頑張るぞ!』という気持ちだったんですけど、自己紹介がものすごく幅広い芸をお持ちの武内さんからということで私たちのハードルが爆笑上がりして(笑)クイズよりも冒頭の緊張感が半端なかったです。なにを振られるんだろう…とそこで試されるものがあってすごくドキドキしちゃいました」とクイズとは別のプレッシャーも感じたそう。

 なかなかバラエティー出演の機会も少ない三宅は「こういう形の番組に出ることが初めてなので、『僕にできるのかなぁ』と正直思っていました。でも、今回のメンバーでクイズ大会をやらせてもらって、普段アフレコの現場でお会いしているみなさんと違う雰囲気のみなさんが、見れて新鮮でした。このメンバーでやれたことが楽しく安心しました」と胸をなでおろすと、武内は「あんなに緊張している三宅さんはなかなかないので、びっくりしました(笑)」と大先輩の普段みせない姿に驚いた。

 一方で、徳井は「普段役者として会うとみんなでひとつの作品を作り上げる共同作業が多いのでライバルとして戦う機会がほぼない。他の方が正解すると、つい『すごーい』って盛り上がりそうになってしまう。次こそは自分が勝ち取るという気持ちになるのが、普段はまったくないので緊張感がありました」と普段の声優業との違いを力説。武内は「戸谷くん、無意識だと思うけど、毎回拍手してたよ」と指摘。「マジですか!気づいたら…(笑)おさえてはいたんですけど」と苦笑した。

 改めて見どころについて戸谷は「早押しクイズは出場者がめっちゃ早いと思うんですけど、今回はそうではなく、僕らが手間どってる様子をみながらお客さんも一緒に考える時間もあるのでは(笑)。アニメファンなら答えられる声優問題もありましたので、その部分も楽しんでいただけたら」と紹介。

 三宅に「本当に珍しい状況だと思います。その新鮮さは伝わるんじゃないかな。本当にある意味なかなか、アフレコではお見せできない喜怒哀楽も存分に画面に映ると思いますので楽しんでいただけたら」と呼びかけている。

 また、11日には徳井が同局『浪川&岡本 ボイコミラボ』(後10:30)にゲスト出演。声優・浪川大輔と岡本信彦の3人で浅草をロケする特別編を3週にわたって放送する。

このニュースに関するつぶやき

  • 田村ゆかり、小倉唯、上坂すみれが出るなら
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(23件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定