『葬送のフリーレン』フェルンたち苦戦…ゼンゼの複製体の猛威 第26話あらすじ&場面カット公開

4

2024年03月05日 19:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

テレビアニメ『葬送のフリーレン』の場面カット(C)山田鐘人・アベツカサ/小学館/「葬送のフリーレン」製作委員会
 テレビアニメ『葬送のフリーレン』第26話のあらすじ&場面カットが公開された。第26話は、斎藤圭一郎監督が自身のXで「ここまで積み上げて来たありったけをぶつけた」とコメントした、激しいバトルシーンが展開する二次試験のクライマックス回となる。

【画像】ひえっ!フェルンが負傷…公開された『葬送のフリーレン』新場面カット

 第26話「魔法の高み」は、零落の王墓に住まう神話の時代の魔物シュピーゲルが作った、王墓に入った者の複製体たち。シュピーゲルを倒すため、フリーレンとフェルンはフリーレンの複製体と戦うが苦戦する。一方、デンケンやラヴィーネたちも複製体と戦うが、試験官である一級魔法使いゼンゼの複製体の魔法が猛威を振るう。

 最大の敵であるフリーレンの複製体とのバトルは激しさを増し、フリーレンとフェルンは複製体撃破に向けてさらなる策を練って挑むことに。そんな中、一級魔法使いで試験管でもあるゼンゼの複製体が現れ猛威を振るい、その中で不敵な笑みを浮かべたユーベルが挑む…。

 同作は、2020年4月より『週刊少年サンデー』にて連載中の同名漫画が原作で、魔王を倒した勇者一行のその後を描く“後日譚ファンタジー”。魔法使いのエルフ・フリーレンが、勇者亡き後の世界で、新しい仲間達と共に新たな冒険を繰り広げるストーリーとなっている。

 “魔王討伐後”という斬新な時系列で展開する、胸に刺さるドラマやセリフ、魔法や剣による戦い、思わず笑ってしまうユーモアなど、キャラクターたちが織り成す物語が多くの読者を獲得。「マンガ大賞2021」で大賞を受賞した人気作品で、コミックスは累計1700万部を突破している。

 テレビアニメは2024年3月まで連続2クールで放送される。

このニュースに関するつぶやき

  • そういや、この番組2クール放送だから、そろそろ放送も終了なんだよなあ。第2シーズンの放送を望むところ。
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定