DeNA、昨季MVP村上攻略で勝利 ジャクソン来日初白星、松尾プロ初安打!

12

2024年04月02日 21:33  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

阪神戦に先発し6回1失点と好投したDeNA先発・ジャクソン
● 阪神 3 − 5 DeNA ○
<1回戦・京セラD大阪>

 DeNAは2カード連続の初戦白星。昨季の日本一・阪神との今季対戦を制し再び貯金2とした。

 DeNA打線は初回、昨季リーグMVPに輝いた阪神先発・村上に対し一死一、三塁の好機を作ると、4番・牧の痛烈な三ゴロが適時失策を誘い先制。なおも二死満塁で7番・山本が、右中間を破る走者一掃の適時三塁打を放ち4−0とリードを広げた。

 3回は3本の単打で一死満塁とし、8番・石上の一ゴロが野選を誘い5点目。石上はプロ初打点を記録し、村上をこの回限りでノックアウトした。9回には代打で出場した2年目の松尾が、左翼への二塁打を放ちプロ初安打をマーク。4回以降は追加点を奪えなかったが、攻撃陣は敵地で計12安打を記録した。

 来日初登板の先発・ジャクソンは1回裏、先頭からの連打でいきなり1点を返されるも、バッテリーを組んだ山本の盗塁阻止にも助けられ最少失点スタート。2回以降は安定した投球で6回4安打1失点と好投した。

 7回以降に救援陣が2点を返されたが序盤のリードを死守。2点リードの9回は山が今季初セーブで締め、6回1失点のジャクソンは来日初登板初勝利を手にした。

 

このニュースに関するつぶやき

  • 村上は5失点のうち自責点は1。ある意味仕事はしている
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ニュース設定