カラオケ、洗濯、セルフフォト…… 無人ジム「チョコザップ」が続々と新サービス コンビニみたいな進化を遂げている背景

32

2024年04月03日 11:11  ITmedia ビジネスオンライン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia ビジネスオンライン

さまざまなサービスを投入している「チョコザップ」(撮影:筆者)

 RIZAPグループの連結子会社であるRIZAPが、2022年7月に開始した定額制のコンビニジム「chocoZAP(チョコザップ)」。3月28日から、従来のフィットネスジムにとどまらない、7種の新サービスを投入すると発表した。


【画像】チョコザップ、すごい7種の新サービス(全9枚)


 新サービスとは「カラオケ」「洗濯・乾燥機(ランドリー)」「ピラティス」「セルフフォト」「キッズパーク」「トレサポ」「chocoZAPメディカル」だ。これらのサービスは全て、月額3278円で利用できる。


 4月時点でカラオケは20店、洗濯・乾燥機は70店など店舗数は限られているものの、12月までに各サービスとも導入店舗は大幅に拡大する予定だ。中でもピラティスは1000店舗への導入を予定している。


●開始から1年半ほどで会員数は100万人超


 チョコザップは、コロナ禍によって、従来のフィットネスジムが休業を余儀なくされる中で誕生した。同グループの主力で対面型の「RIZAP」も同じ影響を受けたことにより“非接触性”を高めたジムができないかと考案した無人で24時間営業の新業態だ。会員になれば全国どこの店でも使える。


 22年7月に1号店を出店して以来、「簡単」「便利」「楽しく続けられる」というコンセプトが、コロナ禍の収束に伴う健康意識の高まりの中で多くの人々の支持を受けて怒涛(どとう)の勢いで店舗数を拡大。24年2月14日時点で店舗数は全国に1333、会員数は約112万人を数える。


 チョコザップでは、トレーニング用のウェアに着替えず、普段着や仕事着のままで、マシンを使ったトレーニングができる。会社の昼休みの食後、5分のスキマ時間を使って、スーツを着たまま運動をしてオフィスに帰る――といった使い方も可能だ。主婦が買い物のついでに、少々の運動をこなすケースもあるだろう。


 その一方、通常のフィットネスジムにあるようなプール、スタジオといった広いスペースをとる設備はチョコザップにはない。現状はシャワー室も設けていない。「マシン特化型」という点で競合と見られる業態はあるが、チョコザップの強みは無人の運営で人件費が掛からない点だろう。今までフィットネスジムを使ったことがない人を主たるターゲットとしている点で、リーチする顧客層も異なっている。


 RIZAPグループの瀬戸健社長は「先進国の中で日本のフィットネス人口は際立って低く、3%に過ぎない。チョコザップでは残りの97%の未開拓な領域を取りに行く」と意気込む。つまり、従来の狭いフィットネスユーザーの市場で限られたパイを奪い合うのでなく、今までフィットネスに興味がなかった広大なゾーンにアプローチしているところが、競合他社と発想を異にする。


 チョコザップは1周年を迎えた際に、運動のみならず「美容」「ライフスタイル」「エンターテインメント」などさまざまな要素を取り込み、従来以上に便利で身近な「コンビニジム」へとコンセプトを進化させた。


 ネイルプリンターで多種多様なデザインを楽しめる「セルフネイル」が代表例だ。その他、ホワイトニング専用溶液を使用して歯の表面の汚れを落とす「セルフホワイトニング」や医療用で全身をマッサージしてくれる「マッサージチェア」。スマホを見たり、PC作業をしたりしながらトレーニングできる「デスクバイク」、簡単な予約で使える「ワークスペース」、ドリンクサーバーでコーヒーやプロテインドリンクなどを楽しめる「ちょこカフェ」の6サービスを、新たに発表した。


 いずれも家ではなかなかできないことをサービス化しており、もはや運動をしに行かなくても「マッサージチェアを使ってリラックスしたいからチョコザップに行く」といった接点を創出した。フィットネスジムのハードルを下げて「運動習慣のきっかけをつくる」という、思い切った試みである。今回新たに発表した7種のサービスは、その路線を強化したものである。


●7種の新サービス、どんな内容なのか


 さて、7種の新しいサービスについて詳しく見ていこう。


 カラオケは、アプリから事前に予約が必要で、1枠25分、最大4人まで利用できる。カラオケには認知症を予防する効果があるともいわれており、健康寿命を伸ばしたい自治体から好評なサービスという。


 洗濯・乾燥機もアプリで事前予約が必要だ。トレーニングや買い物の間に、洗剤を用意せず洗濯・乾燥をできるので「タイパ」も抜群といえる。近年はモノをなるべく所有しないミニマリストとして暮らす人が増えており、そうしたライフスタイルの人が利用することも、念頭に置いた。


 ピラティスもアプリから事前予約が必要であり、カラオケ同様に1枠25分で、本格的なピラティスマシンを気楽に利用できる。アプリで動画を見て、正しい動かし方を学べる。同社調べによると、一般的なマシンティラピスの月会費は1万〜2万円とのことで、チョコザップの会費を考えるとかなりコスパが良い。


 同じくアプリから事前予約が必要なセルフフォトは、1枠15分。ちょっとした記念日の撮影だけでなく、定期的に自分の体の変化を記録しておきたいといったニーズもあるだろう。撮影したデータはスマホなどに保存できる。


 キッズパークもアプリから事前に予約すると利用でき、1枠25分。対象年齢は、満4歳以上、10歳未満としている。子どもを遊ばせながら同じ空間で運動ができ、タイパが良いサービスだ。


 トレサポは、RIZAPのトレーナーがチョコザップ店舗を定期的に巡回し、マシンの使用方法やトレーニング、食事のアドバイスなどをしてくれる。6月時点で、100人体制を予定している。


 最後が、今回の新サービスの目玉である、chocoZAPメディカル。予防医学を身近なものにするため、チョコザップ会員であれば年に1回、提携医療機関で頭部MRIや胸部/腹部CT検査などを受けられるようにした。結果は後日、データで受け取れるため、再来院も不要だ。


 同社調べでは、MRIやCTの検査は、それぞれ2万〜4万円と高額で、これまでは体の異変を感じてから検査を受ける人も多かった。安価に提供することで、そこから一歩進んで、予防医学を推し進めようという趣旨だ。高齢化社会の中で健康寿命を延ばし医療費を抑えるためにも、もっと普及させるべきサービスだといえる。


●官民連携で過疎地域のコミュニティ活動にも活用


 チョコザップの現時点の月額は3278円であり、ここまで紹介したようなプログラムを考えると、非常にリーズナブルなサービスといえる。新サービスの発表会で瀬戸社長は「これからは、チョコザップが社会にとって必要不可欠なインフラになっていきたい」と力を込めた。


 チョコザップが標榜するコンビニは、さまざまなサービスを付加して、社会生活に不可欠なインフラとなっていった。スマホにしても、当初の携帯電話の領域を超える便利な機能が加わって、もはや生活のインフラとなっている。


 チョコザップも「ジムだけど運動をしなくても良い」という新発想で、旧来の枠にとどまらない便利な多種多様の機能を備えた。社会的課題の解決に寄与し、不要不急の施設ではなく、コンビニやスマホのような社会インフラになることを目指している。


 チョコザップの店舗は、一般的なコンビニの広さと同様の約40坪を標準に展開している。官民連携も進んでおり、山間の過疎地域である兵庫県養父市にある店舗は約17坪と狭小であるものの、約300人が入会。地域の人が気兼ねなく集まれるコミュニティ形成の場になっているという。


 「高齢者がなかなか集まれる場所がない。病院はコロナ禍で行きにくくなった。金銭無担を気にする人も多いが、チョコザップは月額3278円で毎日、カラオケも楽しめる」と瀬戸社長は話す。カラオケ専門店が進出しにくい、高齢化が進んだ過疎地にこそチャンスがあると手応えを感じている。


 チョコザップ事業は、先行投資のため、23年度第4四半期から3四半期続けて約30億円もの巨額赤字を計上した。しかし、24年度第3四半期は、運動以外のサービスを強化した効果が出て、会員数が増加。12億円弱の営業利益が出て、黒字に転じている。今後は利益が拡大していく見込みで、見通しは明るい。


 まずはフィットネスジムを利用する人の裾野を広げようとする、RIZAPグループの戦略は、10年後、20年後の業界の発展を見越した戦略といえそうだ。


(長浜淳之介)


このニュースに関するつぶやき

  • よくわかんないけど、無人で利用者に異常が発生したらどうするの?年寄りとかも使うだろうし。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(26件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定