泳ぐことを諦めていた闘病中の金魚、弟金魚がやってくると…… まさかの奇跡に感動「勇気と希望をもらいました」「こんな幸せな光景が見れるとは」

37

2024年04月11日 21:08  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

闘病中の金魚の横の水槽に弟金魚を

 YouTubeチャンネル「えみこのおうち」に大きな病気から回復したけれど泳ぐことを諦めていた金魚が、再び泳げるようになっていく姿がYouTubeに投稿されました。動画は記事執筆時点で46万回以上再生され、2万3000件を超える高評価を獲得。


【画像】泳げなかった金魚、弟金魚がやってきたら……


●余命1週間を宣告された金魚との出会い


 投稿主のえみこさんは、韓国人の夫と2人の子ども、そして金魚の「雪」ちゃんや熱帯魚たちと一緒に2011年から韓国で暮らしています。


 雪ちゃんは中国産のホワイトローズテイルという品種で、そのお値段はなんと約2万5000円相当という高級金魚。しかし重い病気を患っていて、ショップの店長さんに「もってあと1週間だと思うけれど、それでもいいならタダで持ち帰ってください」と、無料で譲ってもらったという経緯があります。


●病気は乗り越えたものの、体力が落ちてしまった雪ちゃん


 えみこさん一家の手厚い看病で回復した雪ちゃんでしたが、再度大きな病気にかかり、もう助からないのではないかという状況に。そのときは専門家の先生のおかげでなんとか一命はとりとめたものの体力が落ちてしまい、水槽の高いところを泳げなくなってしまいました。


 病気の後は水槽の低いところで少し遊んではすぐ休む、という生活をしていた雪ちゃん。そんな雪ちゃんを見て、「もう高い所を泳ぐ姿は見られないだろう」と思っていたえみこさんのもとに、突然1匹の金魚がやってきます。


●ある日突然、弟金魚がやってきた


 新たに家族に加わったのは、ある日パパさんが“勝手に買ってきた”という、雪ちゃんと同じホワイトローズテイルの「ミンキー」くん。ミンキーくんは雪ちゃんと同じファーム出身の1歳違い、女の子と聞いていたのに実は男の子だったという、口元のチョビヒゲがダンディーな弟分です。


 そんなふたりが出会った日、隣の水槽のミンキーくんに興味津々な様子の雪ちゃんに対し、ミンキーくんはそれほど興味がない様子でした。翌日には雪ちゃんもミンキーくんに近付かなくなり、かつては仲間の金魚と同じ水槽で泳いでいた雪ちゃんも9カ月ぶりに出会った仲間には無関心なのだなぁ、と思っていたえみこさんですが……?


●何日かが過ぎ、雪ちゃんに変化が!?


 何日かが過ぎると、雪ちゃんに変化が見られるようになりました。雪ちゃんはミンキーくんの近くにいることが増え、さらにひんぱんに水槽の高い位置を泳ごうとするように! 次の日も、またその次の日も水槽の中を高く泳ぐようになった雪ちゃんは自分の力だけでは上手く浮力を調整できないけれど、エアレーションの気泡と水流を利用して体を持ち上げるという技を身に付けたようです。


 さらにこれまでは夜8時には沈んで動かなかったはずが、時間を過ぎても遊んでいることが増え、もともとは水槽の右端で寝ていたはずがいつの間にかミンキーくんの横にくっついて眠るようになった雪ちゃん。そしてなんと、気付けばミンキーくんも雪ちゃんの近くで眠るようになったのです。


 雪ちゃんは体が不自由で病気にかかりやすいため、他の金魚と同じ水槽に入れることはできません。“病気から時間がたって調子が良くなったのかもしれないし、たまたま眠る場所が変わったのかもしれない”としつつも、水槽越しにでも仲間がいて、一緒に泳いでいる気分になれることが雪ちゃんにいい影響を与えたのだと思うえみこさんなのでした。


●「涙が出てきました」「仲良くなれそうで良かった」の声


 こちらの動画には、「なんだか涙が出てきました……。雪ちゃん良かったね」「ゆきちゃん、きっとミンキー君に刺激を受けて頑張ったんだと思います 仲良くなれそうで良かったですね」「長生きしてね」といったやさしいコメントが多数寄せられています。


 えみこさんは同チャンネルに、雪ちゃんの闘病記録や一緒に暮らしてきた金魚たちとの日々を投稿しています。


画像提供:YouTubeチャンネル「えみこのおうち」


このニュースに関するつぶやき

  • 自宅で注射するところまでは見てたけど、それ以降見てなかった。雪ちゃん頑張ってるのね!よかった!
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(26件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定