人気ハンドメイド作家に「パクっても大丈夫?」と聞いてみると…… 意外すぎる答えに「えー何この人」「考えが変わりました」

36

2024年04月13日 08:33  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

ド直球すぎる質問ですが……

 「パクっても大丈夫?」というド直球な質問にハンドメイド作家はどう答える……? 意外な考え方を伝える動画がYouTubeに投稿され、驚きを呼んでいます。動画は記事執筆時点で10万1000再生を超えています。


【画像】意外な回答


●「パクっても大丈夫?」と聞くと


 投稿者は、主にポリマークレイ(樹脂粘土)を使用し、花モチーフのアクセサリーを製作しているハンドメイドアクセサリー作家のまゆみさん。以前には、一度は夢を諦めたものの39歳で一念発起し、ハンドメイド作家として活躍する現在をまとめた動画が話題になりました。


 これまで作品作りの様子をYouTubeに投稿してきたまゆみさんのもとには、「真似て作ってもイイですか?」「パクっても大丈夫?」という質問が来ているそうです。それに対しまゆみさんは、「えっ? 逆に私の作品作りが参考になるなら、ぜひ真似して、パクって 素敵な作品を作ってね」と回答。まゆみさんによると、同じ材料を使っても作り手によってまったく違う表情のオリジナルの作品になるのだとか。


 もちろん考え方は人それぞれ。一生懸命、試行錯誤して作り上げた作品をパクられてしまったら、ショックを受ける人も多くいるのではないでしょうか。もの作りにおける一つの考え方として、まゆみさんの「ぜひ真似して、パクって」と、どーんと構える姿勢に勇気をもらえそうですね。なお動画では、ポリマークレイで小さなバラを作る様子も同時に紹介。見る見るうちに美しいバラが出来上がり、ピアスとして完成しました。


●さまざまな声が寄せられる


 まゆみさんの回答に、「気持ちが大きいなぁ……そして素敵な作品」「なんて素敵な方なんだ!」「心の余裕と寛容さがステキです」「心の余裕ある大人だ〜〜めっちゃかっこいい」「えー何この人やーさーしーいー」と称賛のコメントが続々。また、「私は友だちからパクられるのが嫌いでしたがあなたの動画を見て考えが変わりました」と、自身のスタンスが変わったという人の声も見られました。なおまゆみさんは今後、講師業にも力を入れ、手作りの楽しさを伝えていきたいそうです。


 まゆみさんはYouTubeチャンネル「Mayumi Accessory 心の温度が2℃上がる花アクセサリー」とInstagramに、ハンドメイドアクセサリーの制作過程を公開。アクセサリーはCreemaで販売されています。


画像提供:YouTubeチャンネル「Mayumi Accessory 心の温度が2℃上がる花アクセサリー」


このニュースに関するつぶやき

  • ケンタッキーフライドチキンとコカコーラは製法の特許を取っていない。いわば「パクれるもんならパクってみな」というわけだ──
    • イイネ!8
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(23件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定