『わんだふるぷりきゅあ!』、第11話!山に潜む、巨大生物!?

8

2024年04月13日 12:11  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

画像提供:マイナビニュース
ABCテレビ・テレビ朝日系列全国24局ネットにて放送中のTVアニメ『わんだふるぷりきゅあ!』より、第11話「山に潜む、巨大生物!?」のあらすじ&先行場面カットが公開された。


本作のモチーフはみんなが大好きな『動物』。テーマは『動物も人も、みんな友達になれる!』。キーワードは『みんな なかよし!わんだふる〜!』。 動物と人が仲良く暮らす街・アニマルタウンを舞台に、犬と飼い主、猫と飼い主など、動物と人の間に紡がれる深い絆を描く、新たなプリキュアの物語が幕を開ける!

○●TVアニメ『わんだふるぷりきゅあ!』、第11話のあらすじ&場面カット



■第11話「山に潜む、巨大生物!?」

学校で「見晴山に謎の巨大生物が出る」という噂を聞き、「ガルガルに違いない」と考えたこむぎ(cv. 長縄まりあ)、いろは(cv. 種敦美)、悟は、さっそく調べに向かうことにする。春の自然豊かな見晴山の光景を楽しみながら山を登っていくこむぎたちだったが、山頂までたどり着いてもガルガルの姿を見かけることはなかった。しかし、ここまでの道のりで、ふもとから離れるにつれて鳥やタヌキ、イタチといった動物たちの姿を見かけなくなっていったことに気づき、やはり付近にガルガルが隠れているはず、とあたりを探索する。

草木をかき分けた先のほこらでようやくガルガルの卵の殻を見つけたこむぎたちは、さらにその近くの木の上に、枝や木の葉のかたまりを目にする。悟はそれが「熊棚」という、クマがエサを食べる場所だと気づき、見晴山にあらわれたガルガルがクマだということが明らかになる。

(脚本:千葉美鈴、演出:篠原花奈、作画監督:板岡錦、美術:中林由貴)

○●わんだふるぷりきゅあ! 第11話 予告「山に潜む、巨大生物!?」


TVアニメ『わんだふるぷりきゅあ!』は、ABC・テレビ朝日系列にて放送中。各詳細は公式サイト(東映アニメーション)にて。



(C)ABC-A・東映アニメーション

このニュースに関するつぶやき

  • 熊ガルガルねえ。アーバンベアの実態とか取材したのかな?
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定