楽天、今季初の引き分け 荘司が発熱で登板回避もドラ5松田ら投手陣踏ん張る

5

2024年04月13日 18:31  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

楽天・松田啄磨
楽天 2 − 2 ロッテ
<2回戦・楽天モバイル>

 楽天は今季初の引き分け。勝ち切れなかったものの投手陣の力投リレーが光った。

 楽天は予告先発として発表されていた荘司が、発熱により登板回避。急遽、ドラフト5位の松田(大阪産業大)がプロ初先発のマウンドに上がった。ドラ5右腕は初回に無死一、三塁のピンチを招くも、犠飛による1失点にとどめ最少失点スタート。2回以降はゼロを重ね4回3安打1失点で後続にバトンを渡した。

 8回に4番手の宋家豪が1点を失ったが、延長12回まで計8投手で2失点リレー。アクシデントが発生した試合だったが投手陣一丸でしっかりと粘った。

 攻撃陣は1点を追う8回、一死満塁で6番・鈴木大が左前適時打を放ち同点。二塁走者の島内も逆転の生還を狙ったが、ここは左翼・角中の好返球に阻まれ憤死した。

 9回は一死満塁とサヨナラのチャンスを作ったが、4番・島内の痛烈なライナーが二塁手の正面を突くなど無得点。延長12回も二死一、三塁としたが、最後は7番・辰己が左飛に倒れ今季初のカード勝ち越しはお預けとなった。

このニュースに関するつぶやき

  • 荘司が登板できずに代わりにルーキー松田が先発してよくがんばったが、打線が全く打てない。他の球団は外国人選手がホームランを打ってるが楽天にはいない。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定