気候変動で“タコが失明”する可能性、水温上昇で卵に異変

126

2024年04月16日 01:30  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真
気候変動で“タコが失明”する可能性があるという。

新研究によると、現在のペースで海の温度が上昇し続けると、タコの目が見えなくなるリスクがあるそうだ。

タコは生存のために視力に頼っていることから、目が見えなくなることは大問題となると研究者は指摘。ちなみにタコの脳の70%は視力に関係したもので、コミュニケーションや天敵、獲物の察知に多大な貢献をしているという。

同研究は19度と22度という現在の気候に近いものと、2100年の夏の予想水温25度という3つの違った水温でタコの卵を調査したところ、25度の時は、視力に関するタンパク質が有意に少なく生産されることが判明した。

同実験の共同著者で豪アデレード大学の生物科学の研究者、ブロンウィン・ギランダース氏はこう話す。

「3度そこらの温度の違いのみで、生物の障害が始まることとなりました」


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20240486740.html


このニュースに関するつぶやき

  • たこ焼きが値上がりするな。
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(87件)

前日のランキングへ

ニュース設定