中日・逆転勝ちで首位キープ 田中幹也がプロ初の猛打賞「内容の良い3安打」

6

2024年04月16日 22:34  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

8回に適時打を放ちガッツポーズする中日・田中幹也 (C)Kyodo News
○ 中日 3 − 2 ヤクルト ●
<4回戦・バンテリンドーム>

 中日が鮮やかな逆転勝ち。貯金を再び「5」とし、首位の座をガッチリとキープした。

 中日打線はヤクルト先発・石川の前に5回まで毎回安打を放つも無得点。それでも2点を追う8回、4番手の清水に対し、代打・大島の一塁線突破の二塁打などで一死三塁とし、2番・田中の中前適時打で1点差に迫った。

 さらに、続く途中出場・上林の右翼線二塁打で一死二、三塁とし、二死後、ヤクルト5番手・木澤の暴投で労せず同点。なおも二死三塁で5番・細川が中前適時打を放ち、一気に試合をひっくり返した。

 先発の小笠原は4回までパーフェクト投球。5回と6回は要所を締めゼロを並べた。しかし0−0のまま迎えた7回、3安打を集中され先制点を失うと、なおも一死一、三塁で8番・中村にセーフティスクイズを決められ2点目。7回途中108球、5安打2失点、5奪三振無四球の内容で降板し、今季2勝目の権利は得られなかった。

 救援陣は2番手の橋本が、イニングをまたぎ1回1/3を無失点。逆転した直後の9回は守護神・マルティネスが6セーブ目で締め、橋本が今季初白星を手にした。

 細川とともにお立ち台に田中は、反撃の狼煙となった8回の中前適時打について「何としても1点を取りたいという思いがあったので、最高の結果になってよかったですし流れを作れた」と笑顔。4打数3安打1打点の活躍でプロ入り初の猛打賞をマークし、「内容の良い3安打。完璧かなと思います」とうなずいた。

このニュースに関するつぶやき

  • まだ荒木さんほどでは無いが活躍してますね!
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定