JR東海、東海道新幹線N700S「完全個室タイプの座席」2026年度から

2

2024年04月17日 16:51  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

画像提供:マイナビニュース
JR東海は17日、東海道新幹線のN700Sにおいて、グリーン車よりもさらに上質な設備・サービスを備えた完全個室タイプの座席を導入すると発表した。2026年度中のサービス開始を予定している。


同社は生活様式や働き方の変化で多様化するニーズに応えるべく、新幹線における新たな座席のあり方について検討を進めており、ビジネス環境を一層高めた座席や、移動時間を一層快適に過ごせるグリーン車の上級クラス座席など検討してきたという。



2026年度中のサービス開始(予定)が決定した完全個室タイプの座席に関して、東海道新幹線N700Sの一部車両を対象に順次導入する計画とのこと。1編成あたり2室設け、高いプライベート感・セキュリティ環境を備え、個室専用のWi-Fi、レッグレスト付きのリクライニングシート、個別調整可能な照明(明るさ)・空調(風量)・放送(音量)等の設備・機能を整備する予定としている。



オンライン等での打合せを気兼ねなく行いたいビジネスパーソン、プライバシーを重視したい場合や、周囲を気にせずゆっくりとくつろぎたい場合など、さまざまな利用層・利用シーンを想定する。設備仕様やサービス内容、運転区間、料金などの詳細は今後、順次発表する。(木下健児)

このニュースに関するつぶやき

  • 身体障害者や子連れの乗客に好評な多目的室は、そのまま残るのかな。
    • イイネ!6
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングトレンド

ニュース設定