東海道新幹線、個室導入へ グリーン車よりも上質な設備やサービスを

5

2024年04月17日 17:54  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

新幹線 (C)ORICON NewS inc.
 JR東海は17日、東海道新幹線にグリーン車よりもさらに上質な設備やサービスを備えた個室を導入すると発表した。

【車内】新幹線車内の喫煙ルーム

 東海道新幹線のN700S車両の一部に、高いプライベート感・セキュリティ環境を
備えた完全個室タイプの座席を順次導入するとし、個室専用の Wi-Fi、レッグレスト付きのリクライニングシート、個別調整可能な照明(明るさ)・空調(風量)・放送(音量)等の設備・機能を整備予定。

 オンラインなどでの打合せを気兼ねなく行いたいビジネスパーソン、プライバシーを重視する人や周囲を気にせずゆっくりと寛ぎたい人など、さまざまな利用層・利用シーンを想定している。

 1編成につき、2室導入予定で、サービス開始時期は2026年度中を予定している。そのほか、設備仕様やサービス内容、運転区間、価格などの詳細は、今後順次発表していく。

このニュースに関するつぶやき

  • パーラーカー復活か(歳バレるw。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定