『ヤマトよ永遠に』初公開カットで構成された「第一章 黒の侵略」特報第2弾が解禁!

1

2024年04月18日 02:40  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

『ヤマトよ永遠に REBEL3199』「第一章 黒の侵略」場面写真 (C)西義展/宇宙戦艦ヤマト3199製作委員会
 「宇宙戦艦ヤマト」リメークシリーズ最新作で、全七章にて全国公開される『ヤマトよ永遠(とわ)に REBEL3199』。この度、7月19日より公開される「第一章 黒の侵略」より、初公開カットで構成された特報第2弾が解禁された。

【動画】侵略者の正体とは――? 『ヤマトよ永遠に REBEL3199』「第一章 黒の侵略」特報第2弾

 本作は、1980年公開の劇場映画第3作『ヤマトよ永遠に』の諸要素に新解釈を加え、全七章(全26話)のシリーズに再構成。

 西崎義展の原作をもとに、製作総指揮・著作総監修を西崎彰司、総監督を福井晴敏、監督をヤマトナオミチが務める。

 シリーズ構成・脚本は福井晴敏。脚本は岡秀樹。キャラクターデザインは結城信輝。メカニカルデザインは玉盛順一朗、石津泰志、明貴美加。CGプロデューサーは後藤浩幸。CGディレクターは上地正祐。音楽は宮川彬良、兼松衆、宮川泰。音響監督は吉田知弘、アニメーション制作はstudio MOTHER。アニメーション制作協力をサテライトが担当する。

 声優には、豪華キャストが集結。古代進役を小野大輔、森雪役を桑島法子、真田志郎役を大塚芳忠、島大介役を鈴村健一が演じる。そのほか、畠中祐(土門竜介役)、村中知(京塚みやこ役)、岡本信彦(徳川太助役)、羽多野渉(板東平次役)、森永千才(キャロライン雷電役)、伊東健人(坂本茂役)、鳥海浩輔(北野誠也役)、松本忍(南部康造役)、高垣彩陽(藤堂早紀役)、林原めぐみ(神崎恵役)、玄田哲章(芹沢虎鉄役)、小島敏彦(藤堂平九郎役)が出演。

 西暦2207年。あのガミラス本星とイスカンダル星が消滅した事件から2年―。突如、太陽系に謎の巨大物体〈グランドリバース〉が出現した。地球防衛軍の善戦むなしく、幾重もの防衛網をやすやすと突破した〈グランドリバース〉は、悠然と地球の新首都へと降下したのである。音もなく出現する降下兵の群れ。上陸する多脚戦車。瞬く間に首都は制圧されてゆく。もはや地球には抗う術はないのか―。そのとき旧ヤマト艦隊クルーに極秘指令が下った。「ヤマトへ集結せよ!!」。そこに聞こえてくる謎の歌声。「帰ってきた」とつぶやく謎の男。果たして侵略者の驚くべき正体とは?

 この度、「第一章 黒の侵略」より、初公開カットで構成された特報第2弾が解禁。同特報は、本日4月18日にテレビ放送された『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』(BS11)のCMにて放送されたほか、YouTube EMOTION Label Channelでも公開、4月19日より劇場にて上映を開始する。

 なお本作は現在、「第一章 黒の侵略」ティザービジュアルB2ポスター付き第1弾ムビチケカードを、上映劇場、メイジャー(通販)、MOVIE WALKER STORE(通販)にて発売中(数量限定)。価格は1700円(税込)、当日料金は1800円(税込)。

 『ヤマトよ永遠に REBEL3199』「第一章 黒の侵略」は、7月19日より全国公開。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定