穴が開いたブロッコリーの茎は食べられる? 生産者の解説に「知らなかった」「ホッとした」の声

5

2024年04月18日 09:08  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

茎に穴があいたブロッコリー

 茎に穴のあいたブロッコリーは「食べてもオーケー」という生産者の投稿がX(Twitter)で話題を呼んでいます。この穴、病気や虫が原因じゃなかったんだ……!


【画像:茎に穴があいた「花茎空洞症」のブロッコリー】


 投稿者は、主にブロッコリーを生産している農業生産法人「有限会社安井ファーム」(石川県白山市)。中央に穴のあいたブロッコリーの茎の写真とともに、解説を投稿しました。


 同社によれば、これは「花茎空洞症」――別名「ホローステム」という症状で、ブロッコリーが急激に成長すると、茎の成長が追いつかず、ブロッコリーの茎に穴があくことがあるのだといいます。病気ではないため、「食べてもオッケーブロッコリー」だそうです。良かった……!


 SNSでは投稿を見た人から「知らなかった」「食べれるんですね!」「ずっと空洞が気になっていたのでホッとしました」といった声が寄せられていました。


 安井ファームの公式X(Twitter)では、良いブロッコリーの見分け方や茎を無駄なく食べる方法、パリッとしたブロッコリーをゆでる方法など、ブロッコリーに関するさまざまな情報を発信しています。


画像提供:安井ファーム


このニュースに関するつぶやき

  • にょにょにょにょにょ
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定