田中美央、ゴジラ作品に連続参加 『ゴジラ-1.0』雪風元艦長の堀田役の名せりふ「衝撃に備えよ!」生披露

0

2024年04月18日 19:45  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

ゴジラ作品に連続参加した心境を明かした田中美央 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の田中美央が18日、都内で行われた映画『ゴジラ×コング 新たなる帝国』(26日公開)のGODZILLA ANNIVERSARY NIGHTに参加した。

【集合ショット】みんなで仲良くガオー!ゴジラポーズをきめた豪華出演者たち

 『ゴジラ-1.0』駆逐艦雪風の元艦長・堀田役で話題となった田中は、本作でも葺き替えキャストとして参加している。「日本のゴジラの方では大変皆様お世話になりました。アメリカのゴジラの方も皆様、よろしくお願いいたします」と笑顔でメッセージ。

本作のオファーを振り返ると「びっくりしました。そのオファーをいただいた時に『ええの?』っていうのが第一印象ですね」と思い返していた。さらに堀田の名せりふ「衝撃に備えよ!」も披露するなど、会場のゴジラ好きを喜ばせていた。

 ゴジラ誕生70周年と「モンスター・ヴァース」シリーズ10周年のアニバーサリーが重なる2024年に公開となる本作。3月29日から北米では上映中。北米では、初週末3日間のオープニング興行収入が8000万ドルを超え、週末興収ランキングでも第1位を獲得。そのほかの国と地域でも好成績を残し、2024年公開の全映画の中で、世界オープニング興収1位を記録する大ヒットスタートを切った。

 『ゴジラ×コング 新たなる帝国』は、『GODZILLA ゴジラ』(2014年)から展開してきたハリウッド版『ゴジラ』と『キングコング:髑髏島の巨神』(17年)の世界観がクロスオーバーした「モンスター・ヴァース」シリーズ最新作。怪獣と人類が共生する世界で、未確認生物特務機関:モナークが察知した異常なシグナル。交錯する「地上世界/ゴジラテリトリー」と「地下空洞/コングテリトリー」。ついに一線を越えるゴジラとコングの激突のその先には、我々人類が知る由もなかった未知なる脅威が待ち構えていた。

 イベントには、宮野真守、鈴木もぐら(空気階段)、真矢ミキ、大塚明夫、立木文彦、田中美央、福山潤、内田真礼、Yaffle、AI、Ozworldも参加した。

    オススメゲーム

    ニュース設定