経産省、さくらインターネットに最大500億円の助成金 計算資源整備で GMOは最大19億円、KDDIは102億円

14

2024年04月19日 14:51  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真

 経済産業省は4月19日、AIの開発に必要な計算資源の整備に向け、国内IT5社に最大725億円を助成を行うと発表した。クラウド事業の基盤を持つさくらインターネット、GMOインターネットグループ、KDDIなどを支援する。


【その他の画像】


 計算資源の安定供給に向けた「特定重要物資クラウドプログラムの供給確保計画」の一環。助成額はさくらインターネットに最大501億円、KDDIに同102億4000億円、GPUクラウド事業を手掛けるハイレゾなど2社(共同申請)に同77億円、AI事業を手掛けるRUTILEA(京都市)など2社(共同申請)に25億6000万円、GMOインターネットグループに最大19億3000万円。


 このうちKDDIは、助成を踏まえ計算資源の整備に最大1000億円投資する方針を発表した。今後4年間にかけて投資するという。まずは2024年内に、生成AI開発のための大規模計算基盤を整備し、稼働開始を目指す。構築した基盤は、大規模言語モデルの開発に挑戦する研究機関やスタートアップにも提供するという。


 GMOインターネットグループも同様に、12月までに「NVIDIA H200」を採用したGPUクラウドサービスを提供すると発表した。


このニュースに関するつぶやき

  • ものすごくたいそうな事業名を付けてごまかそうとしてるけど、普通に効果のない「バラマキ計画」と名付けたほうがよいかも。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ランキングIT・インターネット

アクセス数ランキング

一覧へ

話題数ランキング

一覧へ

前日のランキングへ

ニュース設定