「見るも無残なグチャグチャ状態」焼肉食べ放題店に来た“サイアクな迷惑客”の行動に絶句…――仰天ニュース・食べ放題トップ3

9

2024年04月21日 16:01  日刊SPA!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊SPA!

写真はイメージです
大事件ばかりがニュースではない。身近で巻起こった仰天ニュースを厳選、今回は「食べ放題」にまつわる記事に注目し反響の大きかったトップ3を発表する。第2位の記事はこちら!(集計期間は2018年1月〜2023年12月まで。初公開2023年11月2日 記事は取材時の状況) *  *  *

 たびたび世間を騒がし、ネットで炎上、さらには刑事事件にまで発展するケースもある飲食店の迷惑客。店内で迷惑客に遭遇した経験をもつ人もいるのではないだろうか。

 今回話を聞いた、焼肉食べ放題チェーン店でバイトリーダーを務めていた山岡孝司さん(仮名)によると、「激安の焼肉食べ放題店ならではの“質の悪い迷惑客”が多くいました」とのこと。山岡さんが働いていた店は、焼肉はタッチパネルでのオーダー式、それ以外のお惣菜やデザートなどはビュッフェ形式の食べ放題店であったため、取るだけ取って大量に残して帰る客もいたようだ……。

◆「罰金」の二文字に怯える最悪な客

 食べ放題店でよく見かける「大量の食べ残し禁止」の一文。山岡さんが働いていたお店でも、このような注意文を張り出し、あまりにもヒドい場合は罰金の対象となる旨も書いていた。しかし、逆にその張り紙が仇となり、それ以上の被害を被ることがあったそうだ。

「食べ放題だからと調子にのって大量に取ってきたものの、全部食べられずに残すお客さんは結構います。張り紙は注意として書いているだけで、ひどい残し方をしても罰金を取ったことはないのですが……。たまに『罰金』の文字にビビッて、残った食材を焼肉の網の下に捨てる人がいるんです。その場ではわからなくても、営業終了後の締め作業の際に網を外すと、中は見るも無残なグチャグチャ状態……なんてこともありました」

◆火災が発生する危険性も

 食べ切れなかった肉を網の下に隠す行為は、火災に繋がる可能性もあるという。

「これをされると掃除がモノ凄く大変になるだけじゃなく、お肉には脂が含まれているので火災の危険性も出てきます。もちろん網の下には水を張っていますが、ウチの店は一度営業中にロースターから火災が発生したこともあるんでね……。それは食べ残しが原因だったわけではなく営業中に溜まっていった油汚れが原因でしたが、肉が隠されていたら、より火災のリスクは高まると思います。そこに隠すくらいなら、そのまま残しておいてくれた方がマシです」

◆文化の違いが生み出した迷惑客

「食材の食べ残しでいうと、外国人のお客さんで酷いケースを何度か目の当たりにしました」と話す山岡さん。文化の違いもあり、食べ物に対する考え方も様々であるため「ある程度は仕方がないと思いました」というが、現場は想像を絶するレベルだったそうだ。

「アジア系の外国人のお客さんで本当にヒドい残し方をする人たちがいました。帰ったあとに片付けに行くと、テーブルいっぱいに並んだすべてのお皿に、残飯が山盛りに乗っていることもありましたね。国によっては『残さないと相手に失礼』という文化があるようなので、ある程度は仕方ないのかもしれませんが、『その文化だとしても他国の、しかも食べ放題店の場合は例外であってくれよ』と思ってしまいました」

◆外国人団体客のテーブルには大量の残飯が…

 山岡さんが働いていたお店は、大きめの駐車場が完備された店舗だったこともあり、大型バスで外国人団体客が来店したこともあったようだ。そのときのことは「思い出したくもないレベルです……」と話す。

「一度、20人くらいの団体客がきたことがあったのですが、帰ったあとにそのテーブルに行くと、『今からパーティーが始まるのか?』というレベルで食べ物が並んでいたんです。あまりにも量が多かったので、残飯を入れるために空のゴミ箱をテーブルに持って行って、その場で捨てていきました。戻るときに“ゴミ箱を持ったときの重さ”に悲しくなりました……」

◆制限時間が過ぎても帰らない「地蔵客」

 食べ放題といえば制限時間がつきもの。山岡さんがバイトしていたお店では、基本的に制限時間が過ぎても、多少ならスタッフが声を掛けることはしていなかったそうだが、それをいいことに「ひたすら居座る迷惑客」がいたそうだ。

「ランチタイムの13時頃に入店して、そのまま20時頃までいるお客さんがいましたね。大柄な男性で、月に1〜2回ほど来店するお客さんでしたが、基本的に長時間居座っていました。お肉はタッチパネルで注文するので制限時間が過ぎると頼めなくなるのですが、ビュッフェ形式で提供している食材やスイーツは時間が過ぎても、一応食べることができます。ディナータイムになると、ビュッフェに並ぶメニューもディナー用に変わるのですが、それもシレっと食べ始めるんですよ。お肉が注文できなくなることもあって、少しくらいの時間オーバーなら声をかけませんが、この人にはさすがに何度も声かけました」

◆時間が過ぎても漫画を読んで居座り続ける男

 いくら大柄な男性とはいえ、7時間食べ続けているわけではなく、ほとんどの時間は漫画を読んでいたのだとか……。

「最初の1時間は食べて、そのあと1時間漫画を読んで、また食べて……というのを繰り返しているんです。終了時間が過ぎていることを伝えても、その都度『あっ、ハイハイ』ってごまかして居座り続けて、4回目くらいでようやく帰りました。ランチタイムは1300円くらいで食べ放題なので、それで夜ご飯も食べて、食費を浮かせていたのかもしれませんね。安い焼肉食べ放題店には、そういう卑しいお客さんが多かったように感じました」

 SNSの普及によって目の当たりにする機会が多くなった迷惑客。インフレが続く今のご時世、低予算でお腹いっぱいになれる食べ放題店は非常に有難い存在と言えるだろう。それだけに、そんな一部の迷惑客のおかげで存続が危ぶまれる状況にだけはなってほしくないものだ。

取材・文/サ行桜井

【サ行桜井】
パチンコ雑誌『パチンコ必勝ガイド』『パチンコオリジナル実戦術』の元編集者。四半世紀ほど勤めた会社を退社しフリーランスに。現在は主にパチンコや競輪の記事を執筆している。

このニュースに関するつぶやき

  • 「ああいう連中って家でもそうなのかな」と目撃者が話していれば、そのうち当事者の耳に届くかも?
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

前日のランキングへ

ニュース設定