「口数少ない」「あいさつ返す」=静かに生活、逮捕の平山容疑者―那須2遺体

13

2024年04月22日 07:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 栃木県那須町の河川敷で焼損した2人の遺体が見つかった事件で、逮捕された平山綾拳容疑者(25)について、近所の住民は「口数は少なかった」「あいさつは返してくれる人だった」などと語った。

 住民によると、平山容疑者は今年初め、埼玉県越谷市のアパートに引っ越してきた。交際相手とみられる女性が時折出入りしていたほかは、近所トラブルもなく静かに生活をしていたという。

 アパートに住む男性会社員(31)は「体格が良く、口数は少なかった」と語った。「基本的に家にはいないようだった。間取りは3DKで、1人で住むには広いし、事務所か何かに使っていたのかもしれない」と話した。

 主婦の女性(33)は「あいさつすると『こんにちは』と返してくれた。好青年と思った」と振り返る。1週間ほど前、ゴルフバッグと大きな荷物を持って歩く同容疑者を見掛けたという。

 契約社員の30代男性は「夜に玄関でたばこを吸っている時にあいさつすると返してくれた」と話す。突然の逮捕に「寝耳に水だ」と驚いた様子だった。 

このニュースに関するつぶやき

  • 夜に玄関で煙草吸ってる30代の契約社員が気になるw
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

前日のランキングへ

ニュース設定