栗原心平氏の「パクチーパスタ」はアジアンテイストで激ウマ パクチー好きでも唸る味

1

2024年04月22日 09:00  Sirabee

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Sirabee

(©ニュースサイトしらべぇ)

パクチーといえば、独特な香りがするエスニック料理には欠かせない香草だ。最近はスーパーマーケットなどでも手軽に買えるようになり、パクチー好きも増えてきた。そこで料理研究家・栗原心平氏がYouTubeチャンネル『ごちそうさまチャンネル』で紹介していた「パクチーパスタ」を編集部でも作ってみた。

 画像をもっと見る

■パクチーをたっぷり使ったパスタ

2人分の材料はこちら。

パクチー:20gにんにく:2片赤唐辛子:小さじ1/2ナンプラー:大さじ1/2塩:小さじ1/3オリーブ油:大さじ3パスタ:180gパルミジャーノチーズ:適量

パクチーとナンプラーのシンプルな味付け。パルミジャーノチーズは、パルメザンチーズで代用可能だ。

 

関連記事:120万回再生 コウケンテツ氏「和風ツナパスタ」は10分で作れるのに美味し過ぎ…

■作り方はシンプル

にんにくは潰してから荒みじんにする。パクチーも刻んでおこう。

パスタを茹でるお湯を沸かしながら、フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて弱火で香りを油に移していく。1分ほどふつふつさせたら唐辛子を入れて、火を一旦止めておこう。

パスタは、表示時間より1分短く茹でよう。茹で上がりの1分前になったら、パスタの茹で汁大さじ3と塩小さじ1/3をフライパンに加えて、再び加熱する。

茹で上がったパスタをフライパンに入れて、軽く全体を混ぜてからナンプラーを投入。よく混ぜてパクチーがしんなりしたら、器に盛り付けよう。最後にパルミジャーノチーズを軽く振って完成だ。

 

関連記事:「エスビーのスパイス」売れ筋ランキング 手軽にパンチの効いた味に

■アジアンテイストなパスタ

パルミジャーノは軽めに。ナンプラーの香りが食欲をそそる。

パクチーとナンプラーの香りがアジアを彷彿させる。チーズと一緒にパクチーがパスタに絡んで、パクチー好きをも唸らせる美味しさだ。パクチーは火を通すと、生のときの苦味が消えてまた違った味になる。

「イタリアにはコラトゥーラという魚醤があり、それを使ったパスタもある。パクチーと合わないわけがない」と栗原氏。サラダや生食が多いパクチーの新しい食べ方。これは、パクチー好きにはたまらない。

 

関連記事:だれウマ氏の「ごま油ペペロンチーノ」が止まらない美味しさ これは一度は試すべき

■執筆者プロフィール

池田かおるこ:グルメ、レビュー記事をメインに執筆しているライター。

日々の晩酌をいかに美味しく楽しむかは、もはやライフワークに。簡単でコスパ良し、激ウマなお酒に合うレシピを探して実践中。「特別な材料や凝った調理法はなし。でも美味しい」と思えるレシピを中心に紹介します。

・合わせて読みたい→だれウマ氏の「ごま油ペペロンチーノ」が止まらない美味しさ これは一度は試すべき

(取材・文/Sirabee 編集部・池田かおるこ)

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定