乙武氏陣営に選挙妨害=暴行容疑から切り替え、男送検―警視庁

140

2024年04月23日 15:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

支持を訴える乙武洋匡氏(手前右)=21日、東京都江東区
 衆院東京15区の補欠選挙(28日投開票)で、演説中の乙武洋匡氏(48)の陣営スタッフへの暴行容疑で男が逮捕される事件があり、警視庁は23日、公選法違反(選挙の自由妨害)容疑に切り替え、男の身柄を送検した。捜査関係者への取材で分かった。

 公選法違反罪で有罪が確定した場合、確定から5年間、選挙権と被選挙権が停止される。

 捜査関係者によると、男は、職業住居不詳の村上昌平容疑者(41)。21日午後7時40分ごろ、東京都江東区のJR亀戸駅前の演説会場で、乙武氏陣営の男性スタッフを突き飛ばしたとして、暴行容疑で現行犯逮捕された。スタッフは軽傷だった。

 警視庁はその後の捜査で、陣営スタッフへの暴行が選挙の妨害行為に当たると判断した。村上容疑者は当時、酒に酔っていたとみられる。

 同補選では9候補者が乱立し、混戦状態となっている。 

このニュースに関するつぶやき

  • どうやら、他にも警察沙汰なってるケースがあるみたいですね
    • イイネ!19
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(110件)

ニュース設定