違和感ナシの“リアルめ”BLが人気、過激描写がなくても多幸感を得られるワケ

1

2024年04月23日 17:20  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

LINEマンガで連載中の『中原くんと宮田部長』
 男性同士の恋愛を題材にした作品をBL(ボーイズラブ)という。近年ドラマ化作品なども増え盛り上がっているジャンルの一つで、書店等でも大きくコーナー化されている。昨今は恋愛以外にも男同士のアツい友情を描いた「ブロマンス」も注目を集めている。LINEマンガでもBLマンガ『中原くんと宮田部長』が連載中。「BLアワード2024」次に来る部門11位を受賞するなど、同作が話題になっているワケとは? 作者のやぎり茂さんに話を聞いた。

【画像】BLのセオリーを覆す? 180cm以下、さらに調理部でエプロン姿の部長

■広がるBLジャンル、読み手にも描き手にも気軽な距離感に

 主人公の中原は、学校見学で出会った調理部の部長・宮田に一目ぼれ。入学と同時に調理部に入部し宮田に近づくが、イケメンがゆえに片想い経験のない中原は、自分の恋心をうまく伝えられない。そうこうしているうちに、なぜか宮田の友人に気に入られ、宮田に恋するライバルも現れる…。すれ違う男子高校生の学園ラブストーリーが「甘酸っぱい」「青春ドストライク」と、BLファンから話題を集めている。

――BL作品を描くのは「ほぼ初めて」という先生ですが、もともと先生は読まれるジャンルですか?

【やぎり茂さん】実はあまり読みません。ですが、好きな雰囲気や性格の男子が出てくると、それだけで読み続けてしまうので、自分で読む場合も、設定よりキャラクター重視で読みます。BLというよりブロマンス(男同士の友情など恋愛以外の関係)が好きなので、少年マンガや青年マンガなどの深い絆が描かれているような作品を読むと、グッときてすぐ泣きます。

――昨今、マンガアプリの影響もあり、BLに対する意識や読み手の変化を感じますが、先生はどのようにお考えですか?

【やぎり茂さん】気軽に読める、というのが読み手にも描き手にもとても良いと思います。BLジャンルの中にも本当に様々な要素があるので、何気なく試しに読んでみて、「BLは特に好きじゃないけどハマった」ということもあるのだろうなと。今まで気づいていなかった自分の好きな要素が見つけられるのは良いことだと思います。

――そんな先生が今回BL作品を描かれたきっかけは?

【やぎり茂さん】BLマンガを描きたいというよりも、好きなキャラクターの物語をたくさん描きたいなと思いました。なかでも、宮田のような見た目と性格(調理部の美人部長)の人物を描きたいというのがまず最初で、宮田を生かせる人物というのが中原(イケメン執着系)、という順番です。

――BLというと、少し過激な描写も魅力の一つかと思いますが、本作はベースが「青春マンガ」であり、ビギナーにも読みやすくなっているように感じます。

【やぎり茂さん】確かにBL作品では過激な描写が多いですが、この物語は少し身近な、「自分の学校生活でもこんなコ達がいたら楽しそうだな」と思えるような日常の内容になっています。そういった点で読みやすくなっているのかと思います。

――コア層に絞らず、幅広く受け入れられるようなストーリーやキャラクターづくりをしているように感じました。どんな読者に向けて描かれていますか?

【やぎり茂さん】ターゲット層となると、決めていないので難しいですが、BLを読まない方や初めて読んでいただく方にもできるだけ違和感がないよう、男の子同士でもそれぞれの恋心に共感してもらえるように描くことを心がけております。

――作品でこだわっている部分はありますか?

【やぎり茂さん】それぞれのキャラクターの個性がわかるように、できる限り些細な会話のやりとりも描くようにしております。

――BLジャンルの作品だから描ける、伝えられると思うことはありますか?

【やぎり茂さん】もともと恋愛対象を異性以上に“好きになってしまう部分”が相手にある、というような、キャラクターの魅力を描けるところかなと思います(もちろん前提として「男性が好き」という内容のものもありますが)。ただこのお話では、過激な描写や「男の子同士だから」という葛藤の部分が少ないので、そういった意味でのBL要素は薄いのかもしれません。

■“少しリアルめ設定”が人気の理由? 「読み手が違和感を感じないように」

――宮田部長が運動系ではなく「調理部」であることや、BLでは“身長180cm”のような設定多いのにそうではないなど、リアル設定がちりばめられています。キャラクターの設定や作画でこだわった部分は?

【やぎり茂さん】自分が何か読む際、設定に違和感があるとどうしても気になってしまうので、少しリアルめに設定している部分はあるかと思います。中原はまだ15歳なので、この3年間で1番伸びるよな…と思い、現時点で175cmにしました(高校3年生になる頃には185cmくらいになる想定です)。宮田は「受けの男の子はかわいい」というだけの存在にならないよう、宮田自身にはあくまで「男の子」でいてもらうようにしております。

――そんなリアルめの設定も手伝って、読者からは「かわいい」「キャラ全員愛おしすぎる」「多幸感がすごい」といったコメントが多数寄せられています。読者の反応を見ていかがですか?

【やぎり茂さん】楽しくて面白いコメントが多くて嬉しいです。そういったコメントはもちろんですが、「何周もしています」など、何度も読み返してくれている方がたくさんいらっしゃるので、楽しんでくれているのが伝わり本当に嬉しく思っております。

――先生のお気に入りシーンはありますか?

【やぎり茂さん】中原と宮田のシーンはほとんど気に入ってますが、他にも、随所で出てくる宮田とその親友の加地との信頼のある会話も特に気に入っています。最近の内容ですが、宮田の弟と付き合うことになった加地を、宮田が家族として受け入れるシーンはとても大事に描きました。

――絶賛連載中ですが、ネタバレにならない範囲で、今後の見どころを教えていただけませんか?

【やぎり茂さん】中原と宮田も少しずつ距離を縮めておりますが、サブカップルの加地と孔亮(宮田の弟)のだいぶ早い展開も今後も楽しんでいただけたら嬉しいです。

このニュースに関するつぶやき

  • アナアサ見て爆笑してる俺は一体
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定